MENU

Macのゴミ箱を空にする前に警告を表示/非表示にする方法

Macのゴミ箱を空にする前に警告を表示/非表示にする方法を紹介します。

ゴミ箱を空にする

①Dockにある「ゴミ箱」を右クリックし、②「ゴミ箱を空にする」をクリックすると

「ゴミ箱にある項目を完全に消去してもよろしいですか?」という警告ポップアップが表示されます。「ゴミ箱を空にする」をクリックすると、ゴミ箱が空になります。

この警告ポップアップは表示/非表示を設定することができます。警告ポップアップを非表示にすると、ゴミ箱をすぐに(警告なしで)空にすることができます。お好みで設定してみましょう。

ゴミ箱を空にする前に警告を表示/非表示に

それでは実際に設定方法をみていきます。

Finderの環境設定

Finderの①上部メニュー「Finder」をクリックし、②「環境設定」をクリックします。

ゴミ箱を空にする前に警告

Finderの環境設定です。①「詳細」タブを選択し、②「ゴミ箱を空にする前に警告を表示」にチェックを入れ/外しましょう。

チェックを入れるゴミ箱を空にする前に警告を表示する
チェックを外すゴミ箱を空にする前に警告を表示しない

これで設定完了です。

ゴミ箱の設定

ゴミ箱を空にする方法は、他にもいくつかあるので、興味がある方はこちらをご覧ください。

ゴミ箱は30日過ぎたファイルを自動的に空にすることができます。合わせてご覧ください。

いろいろな条件でゴミ箱を自動削除することもできます。

ゴミ箱を完全に削除する方法です。こちらもご覧ください。

Macの使い方

関連記事