Macアプリ「OnyX」対処方法 - このボリュームは修復が必要です。 - ディスクユーティリティ - First Aid

Macアプリ「OnyX」の「起動ボリュームの検証」で、次のようなエラーが表示された場合の対処方法を紹介します。

このボリュームは修復が必要です。
起動ディスクを修復するには「Command + R」を押しながらコンピュータを再起動し、ディスクユーティリティを選択してください。

とのことです。

それでは実際に修復してみましょう。

ディスクユーティリティ - First Aid

Command + R」キーを押しながらコンピュータを起動、あるいは再起動しましょう。


すると、このように言語選択の画面が表示されるので

  • 主に日本語を使用する

を選択し、「→」をクリックします。


macOSユーティリティです。

「ディスクユーティリティ」を選択し、「続ける」をクリックします。


「Macintosh HD」を含むディスクを選択し


「First Aid」をクリックします。

スポンサーリンク


すると、次のようなポップアップが表示されます。

First Aid を実行しますか?
First Aidではディスクのエラーがチェックされ、必要に応じて修復されます。

「実行」をクリックしましょう。


First Aid が完了しました。


「詳細を表示」をクリックすると


First Aid 実行結果の詳細が表示されます。


「完了」をクリックしましょう。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)