今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - 新規ローカルアカウントの作成
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認

Macアプリ「リマインダー」を使ってみよう - ToDoリスト

スポンサーリンク

Macアプリ「リマインダー」の最も基本的なToDoリストの使い方を紹介します。

Macアプリ「リマインダー」を使ってみよう

mac-app-reminder-01
MacのDockから「リマインダー」を起動します。

mac-app-reminder-02
リマインダーが起動しました。早速、ToDoを追加しましょう。右上の「+」をクリックします。

mac-app-reminder-03
ここでは、このように「宿題する」と入力しました。これで、ToDoの作成完了です。

mac-app-reminder-04
さらに詳細情報を入力する場合は、ToDo項目の右端にマウスカーソルをもっていくと「i」マークが表示されるので、それをクリックします。

mac-app-reminder-05
クリックすると、このように吹き出しが表示されるので、通知設定を設定してみましょう。

mac-app-reminder-06
「日付」にチェックを入れ、日時を入力し、「完了」をクリックします。

mac-app-reminder-07
すると、このようにToDo項目に日時が追加されます。

mac-app-reminder-08
入力した日時になると、このようにMacのデスクトップに通知が表示されます。

mac-app-reminder-09
拡大すると、こんな感じです。

スポンサーリンク

カレンダーから入力

次はカレンダーから入力してみましょう。

mac-app-reminder-10
左下の「カレンダー」マークをクリックします。

mac-app-reminder-11
すると、このようにカレンダーが表示されるので、日付をクリックします(ここでは31日)。

mac-app-reminder-12
クリックすると、こののようにクリックした日付が表示されるので、「+」をクリックします。

mac-app-reminder-13
ここでは、このように「クレジットカード引き落とし」と入力しました。これで、31日のToDoとして登録されました(時刻は9時になります)。

mac-app-reminder-14
登録したリマインダー(ToDoリスト)をみてみましょう。

mac-app-reminder-15
すると、このように登録したリマインダー(ToDoリスト)が表示されるので、実行済みのものはチェックを入れます。ここでは「宿題する」の左のチェックボックスにチェックを入れます。

mac-app-reminder-16
チェックを入れると、リマインダー(ToDoリスト)から除かれます。

mac-app-reminder-17
実行済みの項目は左カラムの「実行済み」から閲覧することができます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)