今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 October 2018 Update(1809)へアップデートする方法

Mac - iPhone/iPad のキャプチャ動画を撮影 - QuickTime Player

スポンサーリンク

Mac にデフォルトでインストールされているアプリ「QuickTime Player」を使って、iPhone/iPad のキャプチャ動画を撮影する方法を紹介します。

OS X 10.10 Yosemite から Macアプリ「QuickTime Player」を使って、iPhoneやiPad の操作などをキャプチャ動画として撮影できるようになりました。

なかなか便利な機能なので、ここでは撮影方法を紹介します。

iPhone/iPad のキャプチャ動画を撮影 - QuickTime Player

まずは、iOSデバイス付属のUSBケーブルでiPhoneやiPadをMacに接続しましょう。

※ ここでは iPhone を接続してみました。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-01
Finderの「アプリケーション」フォルダから「QuickTime Player」を起動します。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-02
上部メニューから「ファイル」→「新規ムービー収録」をクリックします。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-03
すると、このように「ムービー収録」ウィンドウが起動するので、録画ボタンのとなりの「∨」をクリックします。

スポンサーリンク

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-04
すると、カメラの選択肢の中に「iPhone」があるので、それを選択します。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-05
すると、このように iPhone の画面がMac上に表示されるので、録画ボタン「■」をクリックしましょう。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-06
iPhoneを操作すると、このように QuickTime Player の画面も変化し、適切に録画されます。

mac-iphone-ipad-caputer-quicktime-player-07
録画を終了したら、ムービーファイルを保存しましょう。

これでOKです。iPhone のキャプチャ動画の撮影完了です。

関連記事(一部広告含む)