Mac - ストレージを最適化する方法

Last Update:

Mac のストレージを最適化する方法を紹介します。

macOS Sierra からストレージを最適化する「Optimized Storage」という機能が導入されました。

ここではその機能のひとつであるストレージを最適化する方法をみていきます。

ストレージを最適化すると、視聴済みのiTunesの映画を自動的に削除したり、メールの添付ファイルを削除することでストレージ容量を節約してくれます。

ストレージの最適化

それでは実際にストレージを最適化してみましょう。

mac-optimize-storage-01
上部メニューの「アップル」アイコンから「このMacについて」をクリックします。

mac-optimize-storage-02
このMacについていろいろな情報が表示されるので、上部の「ストレージ」をクリックします。

mac-optimize-storage-03
ストレージです。「管理」をクリックします。

mac-optimize-storage-04
「ストレージを最適化」という項目の……

ストレージの空き容量が必要なときは、視聴済みのiTunesの映画やテレビ番組を自動的に削除し、最近のメール添付ファイルのみをこのMacに残すことで容量を節約します。

mac-optimize-storage-05
「最適化」をクリックします。

mac-optimize-storage-06
すると、「ストレージを最適化しますか?」というポップアップが表示されるので、「最適化」をクリックしましょう。

最適化する項目はチェックを入れる/はずすことで選択することができます。

  • 視聴済みのiTunesのムービーとテレビ番組を自動的に削除
  • 最新の添付ファイルのみをダウンロード

最適化を実行すると……

mac-optimize-storage-07
このように「実行済み」と表示されます。

これでストレージ最適化の完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ハードウェア関連の人気記事

  1. Mac - SSD/HDD のディスク容量(使用量)を確認する方法
  2. Mac - USBメモリをフォーマット(消去)
  3. Mac - メモリ容量(使用量)を確認する方法
  4. Mac - USBデバイス・SDカードの接続と認識
  5. Mac - Bluetoothキーボードを接続する方法
  6. Mac - サウンドの出力設定
  7. Mac - デジタルカメラで撮影した写真を読み込む
  8. Mac - 外部ディスクをマウント/アンマウント(マウント解除)
  9. Mac - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーに接続する方法
  10. Mac - 復元ディスクの作成 - Macが起動しないときのために
  11. MacBookに外部ディスプレイを接続 - クラムシェルモード
  12. Mac - ハードディスク上のデータ消去
  13. Mac - ハードディスクのパーティションを追加・削除
  14. Mac - モデル(型式)を確認する方法
  15. Mac - ディスクエラーのチェック(修復) - First Aid

関連記事(一部広告含む)