今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - スタートメニュー(画面)の設定
  4. Microsoft OneDrive の使い方と設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Mac - ディスプレイを縦長表示で使用 - 画面を回転

スポンサーリンク

Macに接続したディスプレイを90度回転して、縦長表示で使用する方法を紹介します。ここではMacBook Airに接続した外部ディスプレイをぐるっと回転してみます。

mac-screen-rotate-02
ディスプレイによっては、このようにぐるっと横長から縦長にディスプレイを90°回転することができます!

しかし、ディスプレイを回転しても表示されている画面(画像やテキスト)は回転しないので(当然ですが……)、ここでは画面を回転して、ディスプレイを縦長表示で使用する方法を紹介します。

ちなみに上の画像で使用しているディスプレイは「iiyama AH-IPSパネル 23型ワイド液晶ディスプレイ」です。

それでは画面を回転する方法をみていきます。

ディスプレイを縦長表示で使用 - 画面を回転

mac-screen-rotate-03
アップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。

スポンサーリンク

mac-screen-rotate-04
クリックすると「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「ディスプレイ」アイコンをクリックします。

mac-screen-rotate-05
「ディスプレイ」項目の回転の右にある選択項目をクリックします。

mac-screen-rotate-06
クリックすると「90°」「180°」「270°」という選択肢が表示されるので、「90°」をクリックします。

クリックすると画面が「90°」回転します。

mac-screen-rotate-07
ここでディスプレイをぐるっと回転させ、表示に問題なければ「確認」をクリックします。

mac-screen-rotate-08
すると、このようにディスプレイを縦長で使用することができます。

関連記事(一部広告含む)