今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者)

MacBookに外部ディスプレイを接続 - クラムシェルモード

スポンサーリンク

macbook-clamshell-01
ここではMacBookを外部ディスプレイに接続し、デスクトップのように利用(クラムシェルモード)する方法を紹介します。

クラムシェルモードとは、MacBookを閉じた状態で外部ディスプレイに接続することをいいます。

スポンサーリンク

それではクラムシェルモードに必要なアイテムから紹介していきます。

クラムシェルモードに必要なアイテム

外部ディスプレイ

MacBookの画面を投影する外部ディスプレイですね。なんでも構いません。ここでは「iiyama AH-IPSパネル 23型ワイド液晶ディスプレイ」を接続しています。

MacBookと外部ディスプレイを接続するケーブル

MacBookと外部ディスプレイを接続するケーブルです。ここでは「PLANEX HDMI変換アダプタ」と「HDMIケーブル」を使っています。DVIでもOKです。

あるいは、以下のケーブル「Thunderbolt( Mini DisplayPort )HDMI変換ケーブル 」もいいかもしれません。

キーボード

クラムシェルモードではMacBookを閉じた状態で使うので、MacBookのキーボードは使えません。お好みのキーボードを用意しましょう。ここでは「Apple Wireless Keyboard」を使っています。

マウス

クラムシェルモードではMacBookを閉じた状態で使うので、タッチパッドは使えません。お好みのマウスを用意しましょう。ここでは「ロジクール マウス M950t」を使っています。

それでは接続方法をみていきます。

MacBookを外部ディスプレイに接続 - クラムシェルモード

MacBookに「電源アダプタ」「キーボード」「マウス」を接続します。電源アダプタを接続しないとMacBookを閉じるとスリープモードになるので、接続しておきましょう。

macbook-clamshell-02
次にMacBookと外部ディスプレイを「HDMI変換ケーブル + HDMIケーブル」で接続します。

macbook-clamshell-03
これで接続の完了です。

簡単にMacBookをデスクトップ・パソコンのように使うことができます。便利なので、おすすめです!

スタンド

さらにMacBookのスタンドを使うと

macbook-clamshell-04
このようにデスクまわりをスッキリを整理することができます。

以上、「MacBookに外部ディスプレイを接続 - クラムシェルモード」でした。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)