今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

VirtualBox を全画面(フルスクリーン)で表示する方法

スポンサーリンク

VirtualBox を全画面(フルスクリーン)で表示する方法を紹介します。

VirtulBox上にインストールしたWindows のデフォルト解像度は640x480です。小さすぎて見づらく使いにくいので、実用的ではありません。

そこで、ここではホストマシンの解像度に合わせて VirtualBox を全画面(フルスクリーン)でゲストOSを表示する方法を解説します。

全画面(フルスクリーン)の設定方法

それでは設定していきます。

スポンサーリンク

VirtualBox上のゲストOSを起動し、ゲストOSのウィンドウをアクティブにします。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-1
VirtualBoxのメニューから「Devices」→「Install Guest Addsinions」をクリックします。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-2
CD ドライブに「VirtualBox Guest Addsinions」がマウントされているので、ドライブ内のVBoxWindowsAdditionsを実行します。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-4
VM VirtualBox Guest Additionsのインストーラーが起動します。「Next」をクリックして、インストールしましょう。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-5
インストール先を選択です。「Next」をクリックします。インストール先を変更する場合は「Browse」を選択し、変更します。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-6
コンポーネントの選択です。「Install」を選択します。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-7
ゲストOSの再起動です。「Finish」をクリックします。

mac-virtualbox-fullscreen-mode-3
ゲストOSのメニューから「View」→「Auto-resize Guest Display」にチェックが入っていれば、自動的にホストマシンの解像度に調節されます。

以上、「VirtualBoxを全画面(フルスクリーン)で表示する方法」でしたー。

スポンサーリンク

関連記事と広告