今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

VirtualBox 共有フォルダー設定 - ホストとゲスト間でフォルダーを共有

スポンサーリンク

VirtualBoxでホストOSとゲストOS間でフォルダーを共有する方法を紹介します。

「ホストで編集したファイルをゲストでも閲覧・編集したい!」あるあるですね。VirtualBoxには、ホストとゲスト間でフォルダーを共有する機能が付いているので、クリックのみで簡単に設定することができます。

それでは、実際にフォルダーを共有する方法をみていきましょう。

共有フォルダー設定

ここではホストOSに「Mac」、ゲストOSに「Windows8」という環境でのフォルダー共有方法を解説します。

まず、ホストOSに共有フォルダーを作成します(ここでは、VM-Share)。

/Users/ユーザー名/VirtualBox VMs/VM-Share

virtualbox-folder-share-00
準備ができたらVirtualBoxを起動します。

virtualbox-folder-share-01
フォルダーを共有したいゲストOS(ここでは、Windows8)を選択し、上部メニューの「設定」をクリックします。

スポンサーリンク

virtualbox-folder-share-02
クリックするとゲストOSの設定項目が表示されるので、「共有フォルダー」をクリックします。

virtualbox-folder-share-03
共有フォルダーの設定です。右側のフォルダーにプラスマークの付いたアイコンをクリックします。

virtualbox-folder-share-04
クリックすると「共有フォルダーの追加」ウィンドウが表示されるので、「フォルダーパス」に先ほど作成したフォルダーを選択します。必要であれば「読み込み専用」「自動マウント」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

・読み込み専用
 チェックを入れると、共有フォルダーは読み込み専用になります。
 ゲストOSからは編集できません。
・自動マウント
 チェックを入れると、ゲストOSを起動すると共有フォルダーを自動的にマウントします。

virtualbox-folder-share-05
「OK」をクリックします。

設定の確認

共有フォルダーの設定が適切にできているかどうかを確認しましょう。ゲストOSを起動し、エクスプローラーをみてみると。

virtualbox-folder-share-06
ネットワークフォルダ(\\vboxsrv)として、フォルダーが共有されていることがわかります。

スポンサーリンク

関連記事と広告