MAMPのphpMyAdminでMySQLデータベースにインポート - MAMPの使い方

MAMPのphpMyAdminでMySQLデータベースにインポートする方法を紹介します。

Web環境に公開しているMySQLデータベースを利用したWebサービスやWordPressのようなブログシステムのテストをする場合、本番環境を直にいじるのはちょっと怖いですね。そんな場合、MAMP環境のMySQLデータベースを利用しテストするのがいいでしょう。

MySQLデータベースにインポート

まず、MAMPを起動します。

wordpress-mamp-14
「スタートページを開く」をクリックします。

wordpress-mamp-15
上部メニューから「phpMyAdmin」をクリックします。

mamp-phpmyadmin-db-import-1
左サイドメニューからインポートするデータベースをクリックします(ここではwordpress)。

mamp-phpmyadmin-db-import-2
データベースのページが表示されます。上部メニューから「インポート」をクリックします。

mamp-phpmyadmin-db-import-3
「アップロードファイル」から「ファイルを選択」をクリックし、SQL文のファイルを選択します。「実行」をクリックするとインポートが始まります。

※フォーマットやオプションがありますが、ダウンロード時に変更していなければ、特に変更する必要はありません。

しばらく待ちます……。

mamp-phpmyadmin-db-import-4
「インポートは正常に終了しました。」というメッセージが表示されれば、OKです。

MAMP関連の人気記事

  1. MAMPの初期設定 - MAMPの使い方
  2. MAMPの使い方と設定
  3. MAMPのphpMyAdminでMySQLデータベースの作成 - MAMPの使い方
  4. MAMP - サーバの起動と停止
  5. MAMPのphpMyAdminでMySQLデータベースをエクスポート - MAMPの使い方
  6. PHPの設定内容を確認 - MAMP
  7. OS X Yosemite - MAMP の Apache が起動しない場合の対処方法 - Mac
  8. MAMP をアップデートする方法

関連記事(一部広告含む)