今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト

MAMPのphpMyAdminを最新版にアップグレード - MAMPの使い方

スポンサーリンク

MAMPのphpMyAdminを最新版にアップデートする方法を解説します。記事投稿時のphpMyAdminの最新バージョンは 4.0.0です。

phpMyAdminのアップグレード

mamp-phpmyadmin-update1
MAMPのphpMyAdminが古いバージョンだと「phpMyAdmin の新しいバージョンが提供されています。アップグレードの検討をお奨めします。最新バージョンは 4.0.0. で、2013-05-03 にリリースされています。」というアラートが表示されます。

phpMyAdminのダウンロード

スポンサーリンク

mamp-phpmyadmin-update2
いろいろな圧縮形式のファイルが用意されています。ここでは、zip形式のファイル(phpMyAdmin-4.0.0-all-languages.zip)をダウンロードしました。

phpMyAdminのアップグレード

MAMPを起動している場合は停止します。

MAMPのphpMyAdminは、/Applications/MAMP/bin/ディレクトリに配置されている古いバージョンのphpMyAdminのディレクトリをphpMyAdmin.orgなどにリネームします。

ダウンロードした最新版のphpMyAdminのzipファイルを解凍・リネームし、/Applications/MAMP/bin/phpMyAdmin/に配置します。

mamp-phpmyadmin-update-2
MAMPを起動し、phpMyAdminにアクセスするとログイン画面が表示されます。以下のユーザ名とパスワードを入力し、「実行」をクリックします。

ユーザ名:root
パスワード:root

mamp-phpmyadmin-update3
phpMyAdminが最新版にバージョンアップされていることを確認します。

phpMyAdminにパスワードなしでログイン

phpMyAdminの初期設定の認証タイプはクッキーなので、アップデートするとパスワードなしでログインできなくなります。認証タイプをコンフィグタイプに変更すれば、いつでもパスワードなしでログインできるように設定できるようになるので、ここではその設定方法を紹介します。

/Applications/MAMP/bin/phpMyAdmin/ディレクトリにあるconfig.sample.inc.php をコピーし、config.inc.phpにリネームし、以下のように編集します。

編集前

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';

編集後

$cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user']          = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password']      = 'root';

diffコマンドで比較(ターミナルで作業する方向け)。

$ pwd
/Applications/MAMP/bin/phpMyAdmin
$ diff config.sample.inc.php config.inc.php 
29c29,31
< $cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';
---
> $cfg['Servers'][$i]['auth_type']     = 'config';
> $cfg['Servers'][$i]['user']          = 'root';
> $cfg['Servers'][$i]['password']      = 'root';

これでOKです。以上のように設定を変更しても、パスワード認証画面が表示される場合は、ブラウザのクッキーを削除しましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告