今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  5. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認

MAMPの初期設定 - MAMPの使い方

スポンサーリンク

Mac にインストールした MAMPの初期設定について解説します。

ここでは、Apache や MySQL が使用するのポート番号、Apache の環境設定や PHP の設定ファイルである php.ini の初期設定方法を紹介します。

MAMP の設定


Finder の「アプリケーション」→「MAMP」フォルダから

「MAMP」を起動します。


上部メニュー「MAMP」→「Preferences」をクリックします。

設定 - スタート/ストップ


MAMPの「スタート/ストップ」時の動作、スタートページの場所を設定します。

必要な項目にチェックを入れて(入力して)、「OK」をクリックすれば、設定できます。

  • サーバーを始動
  • MAMP PRO を確認
  • オープンWebStartの
  • サーバーを停止

設定 - ポート


ポートの設定です。

MAMP の初期設定では、Apache のポートが「8888」、Nginx のポートが「7888」、MySQLのポートが「8889」に設定されています。

「Web と MySQL のポートを 80 と 3306 に設定」をクリックし、ポートを変更しましょう。


Apache と Nginx のポートが「80」、MySQLのポートが「3306」に変更されたことを確認し、「OK」をクリックします。

スポンサーリンク

※ この設定で、ブラウザでMAMPのApacheにアクセスするURLが「http://localhost:8888/」 から「 httt://localhost/」に変更されます。

設定 - PHP


PHPの設定です。

「バージョン」と「キャッシュ」が設定できます。

設定 - Webサーバ


Webサーバの設定です。

  • Apache
  • Nginx

Document Rootの設定です。初期設定は「/Applications/MAMP/htdocs」です。

管理人は、Windowsと共有するため Dropbox内の htdocs に設定しています。

設定 - MySQL


MySQL のバージョンを確認することができます。

php.iniの設定

次は「php.ini」の設定を行いましょう。

タイムゾーンの変更

インストール直後のMAMPのphp.iniの設定は、ベルリンの壁でおなじみのドイツのベルリン(Europe/Berlin)です。

タイムゾーンを日本(Asia/Tokyo)に変更しましょう。php.iniファイルは/Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/conf/ディレクトリに配置されています。phpのバージョンはいくつかあるので、利用するphpのバージョンのディレクトリに移動しましょう。

$ cd /Applications/MAMP/bin/php/php*.*.*/conf/

php.iniをバックアップを取り

$ cp php.ini php.ini.org

data.timezone というところを

$ vi php.ini

次のように編集します。

date.timezone = "Asia/Tokyo"

編集前のオリジナルファイル(php.ini.org)と編集したファイル(php.ini)をdiffコマンドで比較すると以下のようになります。

$ diff php.ini.org php.ini
910c910
< ;date.timezone = "Europe/Berlin"
---
> date.timezone = "Asia/Tokyo"

※ MAMP あるいは サーバを再起動しましょう。

確認のため以下のphpファイルを作成し、localhost/index.phpに配置してみましょう。

<?php
echo date("Y-m-d H:i:s",strtotime("now"));
?>

時間が適切に表示されればOKです。

関連記事(一部広告含む)