今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Microsoftアカウントのユーザーフォルダ名を変更

Parallels Desktop - Retinaディスプレイに最適化

スポンサーリンク

Parallels Desktop にインストールした仮想マシン(ゲスト)をRetinaディスプレイに最適化する方法を紹介します。

「Retina ディスプレイに最適化」を有効(オン)に設定すると、高解像度のディスプレイでのアプリケーションがシャープでクリアに表示されるようになります。

Parallels Desktop - Retinaディスプレイに最適化

それでは実際に設定してみましょう。


アプリ「Parallels Desktop」を起動し


コントロールセンターが表示されたら

Retinaディスプレイに最適化したい仮想マシン(ここでは「Windows 10」)の「歯車」アイコンをクリックします。


すると、このように仮想マシンの「構成」ウィンドウが表示されます。

「カギ(錠前)アイコン」が解錠されていることを確認し

スポンサーリンク


上部メニュー「ハードウェア」をクリックします。

「カギ(錠前)アイコン」にロックがかかっている場合は、解錠しましょう。


左メニューの「グラフィック」をクリックし

  • Retina ディスプレイに最適化
    高解像度、高 DPI のグラフィック。ほとんどのアプリケーションがシャープでクリアに表示される。

を選択しましょう。


これで設定完了です。

関連記事(一部広告含む)