今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. iPhone/iPad - Night Shift の設定(ブルーライトをカット)

Parallels Desktop - 仮想マシンのブート順序(ブートシーケンス)を変更

スポンサーリンク

Parallels Desktop にインストールした仮想マシンのブート順序(ブートシーケンス)を変更する方法を紹介します。

ブート順序(ブートシーケンス)とは

パソコンの電源投入時に起動するデバイスの順序のことです。

通常は(大体)ハードディスクが1番に起動するように設定されていますが、CD/DVDから起動可能なKnoppixのようなOSを動かすためにCD/DVDからブートしたいという場合もあるでしょう。

Parallels Desktop の仮想マシンには、ブート順序を簡単に変更できる機能が備わっているので、ここではその設定方法を紹介します。

仮想マシンのブート順序(ブートシーケンス)を変更

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-01
Finder の「アプリケーション」からアプリ「Parallels Desktop」を起動します。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-02
起動するとこのようにコントロールセンターが表示されるので、ブート順序を変更したい仮想マシンの「歯車」アイコンをクリックします。

※ ここでは「Windows10」のブート順序を変更してみます。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-03
すると、設定画面が表示されるので上部の「ハードウェア」をクリックします。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-04
左メニューの「ブート順序」をクリックします。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-05
左下の「錠前」アイコンをクリックし

スポンサーリンク

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-06
表示されるポップアップに「パスワード」を入力、「OK」をクリックしましょう。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-07
これでブート順序が変更できるようになります。

順序を変更できるデバイスは次のとおりです。

  • ハードディスク
  • CD/DVD
  • 外部デバイス
  • ネットワーク

※ ここでは「CD/DVD」のブート順序を上げてみましょう。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-08
「CD/DVD」を選択し

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-09
右にある「↑矢印」アイコンをクリックします。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-10
これでブート順序が上がります(ハードディスクの前に起動します)。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-11
デフォルトの設定に戻したくなったら「デフォルトに戻す」をクリックしましょう。

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-12
左下の「錠前」アイコンをクリックすれば

mac-parallels-desktop-change-virtual-machine-boot-sequence-13
設定完了です。

関連記事(一部広告含む)