今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者)

Parallels Desktop に CentOS をインストールしてみた

スポンサーリンク

Parallels Desktop に CentOS をインストールしてみたので、その方法を紹介します。

CentOS は、Red Hat Enterprise Linux(RHEL、レッドハット)により一般公開されたソースから派生したディストリビューションで、RHELとの完全互換を目指した無償のLinuxです。

Paralles Desktop には、CentOS を簡単にインストールする機能がついているので、ここではそれを使ってインストールする方法をみていきます。またGNOMEの初期設定についても少しだけ触れています。

Parallels Desktop に CentOS をインストール

それでは実際にインストールしてみましょう。

スポンサーリンク


アプリ「Parallels Desktop」を起動し


上部メニューの「ファイル」→「新規」をクリックします。


インストールアシスタントです。

「CentOS Linux」をクリックし


「続行」をクリックしましょう。

CentOS は、Red Hat Enterprise Linux により一般公開されたソースから派生したディストリビューションで、コミュニティによりサポートしています。この安定した、予測可能で管理しやすく再現性の高いプラットフォームは、無償で提供されており、再配布も可能です。


「ダウンロード」をクリックします。


すると、このようにダウンロードがはじまります。


ダウンロードが完了すると、解凍がはじまります。


解凍が終わると、CentOSが起動します。

「Enter」キーを押すか、そのまま待機しましょう。

パスワード


「Parallels」というユーザーが自動的に作成されているので、新しいパスワードを設定しましょう。

GNOMEの設定


ようこそ!というGNOMEの設定が表示されるので

言語を選択し、「次へ」をクリックします。


キーボードレイアウトと入力を選択し、「次へ」をクリックしましょう。


オンラインアカウントの接続です。

メールやオンラインカレンダー、連絡先……などを CentOS でアクセスする場合は接続しましょう。

ここでは「スキップ」をクリックしています。


設定完了です。

「CentOS Linux を使い始める」をクリックしましょう。

Parallels Tools

あと Parallels Tools をインストールしておきましょう。


先程作成した「パスワード」を入力し、「OK」をクリックします。


すると、Parallels Tools のインストールがはじまります。


インストールが完了したら、「Restart」をクリックします。


再起動後「Paralles」の


「パスワード」を入力し、サインインしましょう。


これでインストールと設定の完了です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)