今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - リモートデスクトップ - ホストの設定

Windows10 - 以前のバージョン(ビルド)に戻す

スポンサーリンク

Windows10 を以前のバージョン(ビルド)に戻す方法を紹介します。

Windows10 の新しいバージョンにアップデートしたらアプリやデバイスの挙動がおかしくなった!

そんな場合は! アップデートする前のバージョンに戻しましょう。

Windows10 - 前のバージョンに戻す

それでは実際に前のバージョンに戻してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「更新とセキュリティ」をクリックします。


左メニューの「回復」をクリックしましょう。

前のバージョンの Windows 10 に戻す
このバージョンが動作しない場合は、以前のバージョンに戻してみてください。

「開始する」をクリックしましょう。


以前のバージョンに戻す理由です。

  • マイアプリやデバイスがこのビルドで動作しない
  • 以前のビルドの方が使いやすかった
  • 以前のビルドの方が高速だった
  • その他の理由

戻す理由を選択し、「次へ」をクリックしましょう。

アップデートをチェックしますか?
復元する前に、最新のアップデートをインストールしてみてください。これにより、Windows 10 で発注している問題を解決できる場合があります。

一度、「アップデートの確認」をしてみるといいでしょう。


それでも問題が解決できない場合は「行わない」をクリックしましょう。

スポンサーリンク

知っておくべきこと
この処理には時間がかかる可能性があり、完了するまで PC を使うことはできません。PC を電源に接続した状態で、電源を入れたままにしておいてください。
復元後は:
・一部のアプリとプログラムは再インストールが必要になります。
・最新ビルドのインストール後に設定を加えた変更は失われます。
ユーザーファイルのバックアップはお済みですか?通常はこれらに影響はありませんが、バックアップしておくことをお勧めします。

「知っておくべきこと」をしっかりと読んで、「次へ」をクリックしましょう。

ロックアウトされないようにご注意ください。パスワードを使って以前のビルドにサインインしていた場合は、そのパスワードをご確認ください。
そのパスワードを使わずにサインインすることはできません。

「次へ」をクリックします。


「以前のビルドに復元する」をクリックします。


すると、Windows が再起動され


以前のバージョンの Windows への復元がはじまります。

しばらくすると……ロック画面が表示されるので


サインインしましょう。


デスクトップが表示されれば、前のバージョンへの復元は完了です。

関連記事(一部広告含む)