今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Windows10 - タッチキーボードの使い方

スポンサーリンク

Windows10 のタッチキーボードの簡単な使い方をみていきます。

Windows10 には、タブレットタイプの PC でも、キー入力ができるように「タッチキーボード」が用意されています。

iPad のキーボードを想像するといいかもしれません。

ここではタッチキーボードの簡単な使い方から、いくつか用意されているキーボードの変更方法などをみていきます。

タッチキーボードの使い方


タスクバーのシステム領域(デスクトップの右下)にある「タッチキーボード」アイコンをクリックします。


すると、このようにタッチキーボード(ソフトウェアキーボード)が表示され、アルファベットなどを入力することができます。


右下の「日本」あるいは「ENG」をクリックすると


入力方式を切り替えることができます。


左下の「&123」をクリックすると


記号や数字を入力することができます。


「絵文字」アイコンをクリックすると

スポンサーリンク


さまざまな絵文字を入力することができます。


左上の「クリップボード(バインダー)」アイコンをクリックすると


クリップボード履歴が表示されます。


左上の「キーボード(歯車)」アイコンをクリックすると


キーボードの形状(入力方式)を


こんな感じで変更することができます。


また、入力や言語の設定へアクセスすることができます。

関連記事(一部広告含む)