Windows10 - タッチキーボードの使い方

Last Update:

Windows10 のタッチキーボードの簡単な使い方をみていきます。

Windows10 には、タブレットタイプの PC でも、キー入力ができるように「タッチキーボード」が用意されています。

iPad のキーボードを想像するといいかもしれません。

ここではタッチキーボードの簡単な使い方から、いくつか用意されているキーボードの変更方法などをみていきます。

タッチキーボードの使い方


タスクバーのシステム領域(デスクトップの右下)にある「タッチキーボード」アイコンをクリックします。


すると、このようにタッチキーボード(ソフトウェアキーボード)が表示され、アルファベットなどを入力することができます。


右下の「日本」あるいは「ENG」をクリックすると


入力方式を切り替えることができます。


左下の「&123」をクリックすると


記号や数字を入力することができます。


「絵文字」アイコンをクリックすると


さまざまな絵文字を入力することができます。


左上の「クリップボード(バインダー)」アイコンをクリックすると


クリップボード履歴が表示されます。


左上の「キーボード(歯車)」アイコンをクリックすると


キーボードの形状(入力方式)を


こんな感じで変更することができます。


また、入力や言語の設定へアクセスすることができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

Windows 10関連の人気記事

  1. Windows10 - ショートカットキーの一覧表(まとめ)
  2. Windows10 - バージョンと名前の一覧表
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Administrator(管理者)アカウントを有効にする方法
  5. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)
  6. BootCamp - Mac に Windows10 をインストールしてみた
  7. Windows10 - OneDriveのリンクを解除する方法
  8. Windows10 - システムの復元をする方法(以前の状態に戻す)
  9. Windows10 - パソコン(画面)をロック - 離席中のセキュリティ確保
  10. Windows10 - Windows の機能の有効化または無効化
  11. Windows10 - スクリーンショットを撮る方法まとめ
  12. Windows10 - Cortana(コルタナ)をオン/オフ(有効/無効)に
  13. Windows10 - プロセス(アプリ)の優先度を変更
  14. Windows10 - Microsoftアカウントの問題を修正 - 共有エクスペリエンス
  15. Windows10 - エディション(Home/Pro)の確認方法

関連記事(一部広告含む)