今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

Windows10 - タッチキーボードの使い方

スポンサーリンク

Windows10 のタッチキーボードの簡単な使い方をみていきます。

Windows10 には、タブレットタイプの PC でも、キー入力ができるように「タッチキーボード」が用意されています。

iPad のキーボードを想像するといいかもしれません。

ここではタッチキーボードの簡単な使い方から、いくつか用意されているキーボードの変更方法などをみていきます。

タッチキーボードの使い方

windows-10-touch-keyboard-01
タスクバーのシステム領域(デスクトップの右下)にある「タッチキーボード」アイコンをクリックします。

windows-10-touch-keyboard-02
すると、このようにタッチキーボード(ソフトウェアキーボード)が表示され、アルファベットなどを入力することができます。

windows-10-touch-keyboard-03
左下の「&123」をクリックすると

windows-10-touch-keyboard-04
記号や数字を入力することができます。

windows-10-touch-keyboard-05
もう一度、左下の「&123」をクリックすると

アルファベットキーボードが表示されます。

スポンサーリンク

入力の切り替え

windows-10-touch-keyboard-06
右下の「ENG」(あるいは「日本語」)をクリックすると

windows-10-touch-keyboard-07
「日本語」「英語」の入力を切り替えることができます。

キーボードの種類

タッチキーボードにはいくつかのキーボードが用意されています。

windows-10-touch-keyboard-08
4つのキーボードが用意されています。

ひとつずつみていきましょう。

windows-10-touch-keyboard-09
左右に別れたキーボード。

windows-10-touch-keyboard-10
手書き入力のキーボード。

windows-10-touch-keyboard-11
ハードウェアと同じ配列のキーボード。

関連記事(一部広告含む)