Windows10 - タッチキーボードアイコンの表示/非表示 - タスクバー

Windows10 のタスクバーにある「タッチキーボードアイコン(ボタン)」を表示/非表示にする方法を紹介します。

デスクトップ下部タスクバーの

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-1
右のほうにある「タッチキーボードアイコン」をクリックすると

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-2
これです。これ。

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-3
このように画面の下から「タッチキーボード」が表示されるようになっています。

これはタブレット型 PC での文字入力を行うためのキーボードですね。

タッチキーボードを使えば、わざわざキーボードを接続しなくても文字入力を行うことができ、iPad/Andoidタブレットのように Windows10 を操作することができます。

ただ、デスクトップで Windows10を使っている……あるいは! ノートPCなんだけどタッチディスプレイではない……場合はこの「タッチキーボードアイコン」は不要です。

そんな方のために? ここはタスクバーの「タッチキーボードアイコン」を表示/非表示に設定する方法をみていきます。

タッチキーボードボタンの表示/非表示

非表示

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-4
タスクバーの何もないところで右クリックすると

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-5
このようにメニューが表示されるので、その中から「タッチキーボードボタンの表示」をクリックします。

※「タッチキーボードボタンの表示」の前に「✓」チェックがあるので「表示→非表示」に切り替わります。

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-6
このようにタッチキーボードボタンは非表示になります。

表示

タスクバーの何もないところで右クリック

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-7
「タッチキーボードボタンの表示」をクリックします。

※「タッチキーボードボタンの表示」の前に「✓」チェックがないので「非表示→表示」に切り替わります。

windows-10-taskbar-touch-keyboard-icon-8
このようにタッチキーボードボタンは表示されます。

Windows10 タスクバーの設定

Windows10の使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

デスクトップ関連の人気記事

  1. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)
  2. Windows10 - デスクトップモードとタブレットモードの切替
  3. Windows10 - タスクバーを自動的に隠す
  4. Windows10 - デスクトップ上のテキスト(文字)サイズを変更
  5. Windows10 - タスクバーをロック(固定)する方法
  6. Windows10 - 仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動
  7. Windows10 - タスクバーにデスクトップ・ツールバーを追加する方法
  8. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを非表示・アイコンに
  9. Windows10 - デスクトップ・アイコンの表示サイズを変更(調整)
  10. Windows10 - アクションセンターのシステムアイコンを表示・非表示に
  11. Windows10 - マウスポインターのサイズと色を変更する
  12. Windows10 - 特殊文字を入力する方法(文字コード表)
  13. Windows10 - タスクバーのシステムアイコンを表示/非表示
  14. Windows10 - PrintScreenキーで画面領域の切り取り
  15. Windows10 - デスクトップの背景と色をカスタマイズ

関連記事(一部広告含む)