MENU

Windows10|タスクバーを自動的に隠す方法

Windows10 のタスクバーを自動的に隠す方法を紹介します。


タスクバーとは、「Windowsロゴ」「アイコン」「アプリアイコン」「時計などのシステム領域」……などがある画面の下にあるこの部分のことです。

デフォルトの設定では、タスクバーは常に表示するようになっていますが


このようにタスクバーを自動的に隠すこともできるので、ここではその方法をみていきます。

デスクトップを広く使いたい! 解像度が低いディスプレイを使っている! といった場合は今回紹介する方法で設定してみましょう。

タスクバーを自動的に隠す

それでは設定してみましょう。


タスクバーにマウスカーソルをもっていき
右クリックすると


このようにメニューが表示されるので
「タスクバーの設定」をクリックします。

タスクバーの設定


すると、タスクバーの設定が表示されるので

  • デスクトップモードでタスクバーを自動的に隠す
  • タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す


このように「オン」にしましょう。
「デスクトップ」「タブレット」を別々に設定することもできます。

自動的に隠すを「オン」にすると


このようにタスクバーが自動的に非表示になります(隠れます)。


マウスカーソルを画面の下へもっていくと再びタスクバーが表示されます。

タスクバー関連の記事

タスクバーのその他の設定や使い方はこちらをご覧ください。