今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者)

Windows10 - タスクバーを固定する・自動的に隠す

スポンサーリンク

Windows10 のタスクバーを固定する・自動的に隠す方法を紹介します。

タスクバー

windows-10-taskbar-fix-hide-01
タスクバーとは、「Windowsロゴ」「アイコン」「アプリアイコン」「時計などのシステム領域」……などがあるデスクトップ画面の下にあるこの部分のことです。

デフォルトの設定では、タスクバーは固定され、常に表示するようになっていますが、サイズを変更したり、タスクバーを自動的に隠すこともできるので、ここではそれらの方法を紹介します。

スポンサーリンク

windows-10-taskbar-fix-hide-02
タスクバーにマウスカーソルをもっていき、右クリックすると

windows-10-taskbar-fix-hide-03
このようにメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows-10-taskbar-fix-hide-04
すると、「タスクバーとスタートメニューのプロパティ」ウィンドウが表示されます。

タスクバーを固定する

デフォルトの設定では「タスクバーを固定する」ように設定されています。

windows-10-taskbar-fix-hide-05
「タスクバーを固定する」のチェックをはずし、「適用」をクリックすると

windows-10-taskbar-fix-hide-06
タスクバーのサイズをドラッグ&ドロップで

windows-10-taskbar-fix-hide-07
このように変更することができます。

タスクバーを自動的に隠す

windows-10-taskbar-fix-hide-08
「タスクバーを自動的に隠す」にチェックを入れる

windows-10-taskbar-fix-hide-09
タスクバーが

windows-10-taskbar-fix-hide-10
自動的に隠れます(非表示になります)。

windows-10-taskbar-fix-hide-11
マウスカーソルを画面の下へもっていくと再びタスクバーが表示されます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)