今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Windows - Administrator の名前を変更する方法

スポンサーリンク

Windows の Administrator アカウントの名前を変更する方法を紹介します。

Windows にはデフォルトの管理者アカウントして Administrator という名前のユーザーアカウントが存在しています。

この名前は「ローカル グループ ポリシー エディター」を使って、変更することができるので、ここでは管理者のアカウント名の変更方法を紹介します。

ローカル グループ ポリシー エディター は「Windows 7 Professional」あるいは「Windows 8/8.1 Pro」以上で利用可能です。

スポンサーリンク

Administrator の名前を変更する方法

ここでは「Windows 8.1 Pro」の画面を使って、Administrator の名前を変更する方法を紹介します。

windows-change-administrator-account-name-01
ショートカットキー「Windows + R」を押すと、このように「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されるので、

windows-change-administrator-account-name-02
「gpedit.msc」と入力し、「OK」をクリックします。

windows-change-administrator-account-name-03
すると、このように「ローカル グループ ポリシー エディター」が表示されます。

windows-change-administrator-account-name-04
左カラムの「セキュリティ オプション」を選択します。

「コンピューターの構成」→「Windows の設定」→「セキュリティの設定」→「ローカル ポリシー」→「セキュリティ オプション」

windows-change-administrator-account-name-05
右カラムの「アカウント: Administrator アカウント名の」をクリックします。

windows-change-administrator-account-name-06
すると「アカウント: Administrator アカウント名の変更のプロパティ」ウィンドウが表示されるので、

windows-change-administrator-account-name-07
アカウント名をお好きな名前(ここでは「taro」)に変更し、「OK」をクリックします。

windows-change-administrator-account-name-08
すると、このように Administrator のアカウント名が変更されます。

スポンサーリンク

関連記事と広告