コントロールパネルをクラシック表示に - Windows7

Last Update:

Windows7 のコントロールパネルをクラシック表示にする方法を紹介します。

Windows を昔(2000 や XP)から利用している方は使い慣れたクラシック表示のコントロールパネルの方が使いやすいかもしれませんね。

コントロールパネルをクラシック表示に

それではコントロールパネルをクラシック表示に設定する方法をみていきます。

windows7-control-panel-classic-view-01
Windows7のスタートメニューから「コントロールパネル」をクリックします。

windows7-control-panel-classic-view-02
クリックすると「コントロールパネル」ウィンドウが表示されます。ウィンドウの右上には表示方法が表示されています。デフォルトでは「カテゴリ」表示に設定されています。

表示方法を変更する場合は「カテゴリ▼」をクリックします。

windows7-control-panel-classic-view-03
クリックすると以下の選択肢が表示されます。

  • カテゴリ(デフォルト)
  • 大きいアイコン
  • 小さいアイコン

「大きいアイコン」あるいは「小さいアイコン」を選択すると、コントロールパネルをクラシック表示することができます。

大きいアイコン

windows7-control-panel-classic-view-04
「大きいアイコン」です。大きくて見やすいですね。

小さいアイコン

windows7-control-panel-classic-view-05
「小さいアイコン」です。アイコンのサイズは小さいですが、すべての項目を一望できるので、個人的には、こちらの方が好きです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. スタートアップを有効/無効に - Windows7
  2. スタートアップにアプリケーションを追加 - Windows7
  3. Windows7 - コンピューター名の確認
  4. コマンドプロンプトの起動 - Windows7
  5. Windows7 - ライセンス認証(プロダクトキーの再入力)
  6. Windows7 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動
  7. Windows Defenderを使って コンピューターをスキャン - Windows7
  8. Windows7 - レジストリエディターを起動する方法
  9. ファイアウォールの状況の確認と設定 - 有効化/無効化 - Windows7
  10. システムのセキュリティ状況を確認 - Windows7
  11. コンピューター名を変更する方法 - Windows7
  12. Windows7 - 電源オプションの設定 - 省電力とパフォーマンス重視
  13. 定期的にファイルをバックアップ - Windows7
  14. Windows7 - Windows Update の設定を変更する方法

関連記事(一部広告含む)