今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

スタートメニューによく使うアプリを表示(登録) - Windows7

スポンサーリンク

Windows7 のスタートメニューによく使うアプリを表示(登録)する方法を紹介します。

デスクトップやタスクバーにアプリのショートカットを登録していない場合、「Windowsスタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「アプリの起動」といった操作が必要になります。でも、デスクトップやタスクバーには表示したくない……といった場合は、スタートメニューにそのアプリを表示しましょう。

スタートメニューによく使うアプリを表示

ここでは例として「メモ帳」をスタートメニューに表示します。

スポンサーリンク

windows7-start-menu-app-01
Windowsスタートメニューから「すべてのプログラム」をクリックします。

windows7-start-menu-app-02
「メモ帳」にマウスカーソルをもっていき右クリックします。

windows7-start-menu-app-03
クリックするとメニューが表示されるので、その中から「スタートメニューに表示する」をクリックします。

windows7-start-menu-app-04
スタートメニューをみてみると、このように「メモ帳」が表示されます。

スタートメニューにアプリを表示しない

スタートメニューにアプリを表示したアプリを表示したくなくなった場合は以下のように操作すれば、OKです。

windows7-start-menu-app-05
「メモ帳」にマウスカーソルをもっていき右クリック、「スタートメニューに表示しない」をクリックします。

windows7-start-menu-app-06
すると、このように元に戻ります。

スポンサーリンク