今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

ごみ箱にファイルを移動せずに削除 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8で、ごみ箱にファイルを移動せずに削除する方法を紹介します。

ファイルやフォルダを削除すると一旦ごみ箱に溜められます。溜まったファイルやフォルダを削除する場合は、ごみ箱を空にする。あるいは、ごみ箱の最大サイズを超えた場合、古いファイルから削除されていきます。

しかし、きれい好きで溜まっていくごみ箱を静観できない! バックアップを適切に取得しているので、ごみ箱は必要ない! という方も多くいるでしょう。

そういった方のために、ここでは、ごみ箱にファイルやフォルダを移動せずに削除(消去)する方法を紹介します。

ごみ箱にファイルを移動せずに消去

windows8-files-not-go-to-recycle-bin-00
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

スポンサーリンク

windows8-files-not-go-to-recycle-bin-01
デスクトップ上にある「ごみ箱」にマウスカーソルをもっていきます。

windows8-files-not-go-to-recycle-bin-02
ごみ箱にマウスカーソルを重ね右クリックするとメニューが表示されるので、「プロパティ」をクリックします。

windows8-files-not-go-to-recycle-bin-03
クリックすると「ごみ箱のプロパティ」が表示されます。選択した場所の設定から「ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する」を選択し、「OK」をクリックします。

ごみ箱にファイルを移動しないので、デスクトップに「ごみ箱」アイコンは不要ですね。「デスクトップのアイコン表示」を参考に「ごみ箱」アイコンをデスクトップから削除しちゃいましょう。

windows8-files-not-go-to-recycle-bin-04
設定するとこのようになり、デスクトップ上がすっきりします。

スポンサーリンク