Windows 8.1 スタート画面をスキップしてデスクトップを表示

Last Update:

Windows 8.1 でスタート画面をスキップしてデスクトップを表示する方法を紹介します。

windows8-skip-start-screen-00
Windowsへサインインすると「スタート画面」が表示されます。

タブレットでWindowsを利用している方にとっては便利な画面かもしれませんが、PCで「スタート画面」を利用している人っていないんじゃないでしょうか。

そのため、サインインするたびに、スタート画面の「デスクトップ」をクリック、あるいは「Windowsキー」を押しながら「Dキー」を押すというひと手間が必要になります。めんどくさいですね。

ということで、ここではスタート画面をスキップしてデスクトップを表示する方法を紹介します。

スタート画面をスキップしてデスクトップを表示

windows8-skip-start-screen-01
デスクトップのタスクバー上で、右クリックするとメニューが表示されるので「プロパティ」をクリックします。

windows8-skip-start-screen-02
クリックすると、「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」が表示されるので、上部タブメニュー「ナビゲーション」をクリックします。

windows8-skip-start-screen-03
ナビゲーションが表示されたら「スタート画面」欄の「サインイン時にスタート画面ではなくデスクトップに移動する」という項目にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

以上で設定は完了です。PCを再起動して、適切に設定できているかどうかを確認してみましょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

デスクトップ関連の人気記事

  1. デスクトップの表示サイズを変更 - Windows8
  2. エアロスナップとエアロシェイクを無効 / 有効に - Windows8
  3. デスクトップ アイコンのサイズを変更 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - 画面右上隅マウスオーバーでチャームを表示しない
  5. ウィンドウを左右に並べて表示 - Windows8
  6. Windows 8.1 スタート画面をスキップしてデスクトップを表示
  7. インストールされているフォントを一覧表示・プレビュー - Windows8
  8. IMEのユーザー辞書を移行 - Windows8
  9. ショートカットキー「Alt + F4」でシャットダウン/再起動 - Windows8
  10. デスクトップにアイコン(コンピューター、ネットワーク)を表示 - Windows8
  11. デスクトップのテーマを変更 - Windows8
  12. Windows8/8.1 - デスクトップに言語バー(IME)を表示する方法

関連記事(一部広告含む)