今日の人気記事

  1. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Windows8.1 - スタート画面への移動時にアプリビューを表示する

スポンサーリンク

Windows8.1 でスタート画面への移動時にアプリビューを表示する方法を紹介します。

windows-8-start-screen-app-view-01
Windows8.1 へサインインしたとき、デスクトップからスタート画面へ移動したときに表示されるのは、タイルの並んだこの画面です。

しかし、デスクトップをメインで使うユーザーはこの画面をほとんど利用しないでしょう(たぶん)。使わない画面をサインイン時に毎回表示するのは……なんだか無駄な気がしますね。

windows-8-start-screen-app-view-02
そこで! ここではスタート画面への移動時にアプリビューを表示する方法を紹介します。

スタート画面 移動時にアプリビューを表示

それでは実際に設定してみましょう。

スポンサーリンク

windows-8-start-screen-app-view-03
デスクトップのタスクバーにマウスカーソルをもっていき右クリックすると、このようにメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows-8-start-screen-app-view-04
クリックすると「タスクバーのナビゲーションのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニュー「ナビゲーション」をクリックします。

Windows8 の場合、「タスクバーのナビゲーショのプロパティ」ではなく「タスクバーのプロパティ」が表示され、今回紹介する機能を設定することはできません(ご指摘下さった方ありがとうございました)。

windows-8-start-screen-app-view-05
「スタート画面への移動時にアプリビューを自動的に表示する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

これで設定完了です。早速、スタート画面へ移動してみましょう。

windows-8-start-screen-app-view-06
「Windows」キーを押す、あるいは左下隅の「Windows」ボタンをクリックします。

windows-8-start-screen-app-view-07
すると、このようにアプリビューが表示されます。

これで設定完了です。

windows-8-start-screen-app-view-08
アプリを「使用頻度順」のソートするのが、おすすめです。

スポンサーリンク