今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

スクリーンセーバーの設定 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8のスクリーンセーバー設定方法を紹介します。

スクリーンセーバーでは従来のWindowsからある「3Dテキスト」「バブル」や自分で撮影した写真を使ったフォトスクリーンセーバーを設定することができます。それでは、設定を確認しましょう。

スクリーンセーバーの設定

windows8-screensaver-00
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

スポンサーリンク

windows8-screensaver-01
デスクトップ上で右クリックするとメニューが表示されるので、その中から「個人設定」をクリックします。

windows8-screensaver-02
個人設定から「スクリーンセーバー」をクリックします。

windows8-screensaver-03
クリックすると「スクリーンセーバーの設定」が表示されます。

windows8-screensaver-04
スクリーンセーバーを「3Dテキスト」「バブル」「写真」などから選択できます。

windows8-screensaver-05
設定を適用する場合は、「OK」をクリックすれば、OKです。

フォトスクリーンセーバーの設定

自分で撮影した写真を使って、フォトスクリーンセーバーを設定してみましょう。

windows8-screensaver-06
スクリーンセーバー「写真」を選択し、「設定」をクリックします。

windows8-screensaver-07
クリックすると「フォトスクリーンセーバーの設定」が表示されるので、使用する画像の場所(フォルダ)を選択します。デフォルトは、サインインしているユーザーの「ピクチャ」フォルダです。また、「スライドショーの速度」「画像のランダム再生」も選択できるので、お好みで設定しましょう。設定を適用する場合は「保存」をクリックします。

スポンサーリンク

関連記事と広告