Windows10 - スクリーンセーバーを設定する

Windows 10 で、スクリーンセーバーを設定する方法を紹介します。

スクリーンセーバーとは、ユーザーが一定時間マウスやキーボードを操作しなかった場合


ディスプレイにこんな感じの模様や写真を表示する機能のことです。

Windows10 - スクリーンセーバーの設定

それでは実際にスクリーンセーバーを設定しておきましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「個人用設定」をクリックします。


左メニューの「ロック画面」をクリックします。


ロック画面の設定です。

画面を下へスクロールし


「スクリーンセーバー設定」をクリックしましょう。


すると、「スクリーンセーバーの設定」というウィンドウが表示されるので

スクリーンセーバーを設定しましょう。デフォルトでは「なし」になっています。

  • スクリーンセーバーの種類
  • 待ち時間
  • 再開時にログオン画面に戻る

を設定しましょう。

設定した「待ち時間」が経過すると……


このようにスクリーンセーバーが表示されます。

デスクトップ関連の人気記事

  1. Windows10 - デスクトップ上のテキスト(文字)サイズを変更
  2. Windows10 - デスクトップ・アイコンの設定(表示/非表示)
  3. Windows10 - 仮想デスクトップの作成・切替、アプリの移動
  4. Windows10 - デスクトップモードとタブレットモードの切替
  5. Windows10 - タスクバーを自動的に隠す
  6. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを使ってみよう
  7. Windows10 - タスクバーにデスクトップ・ツールバーを追加する方法
  8. Windows10 - アクションセンターのシステムアイコンを表示・非表示に
  9. Windows10 - マウスポインターのサイズと色を変更する
  10. Windows10 - タスクバーの検索ボックスを非表示・アイコンに
  11. Windows10 - デスクトップ・アイコンの表示サイズを変更(調整)
  12. Windows10 - タスクバーをロック(固定)する方法
  13. Windows10 - デスクトップの背景と色をカスタマイズ
  14. Windows10 - 夜間モードのオン/オフと設定
  15. Windows10 - タスクバーの位置を変更する方法

関連記事(一部広告含む)