今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  5. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール

Windows8/8.1 - 現在開いているフォルダを次回サインイン時に表示

スポンサーリンク

作業がまだ終了していないので翌日に持ち越す場合、現在開いているフォルダをそのままにしておけば、翌日少しだけ早く作業にとりかかることができます。

Windows8では現在開いているフォルダを次回サインイン時にそのまま表示することができます。

案外便利なので、以下ではその設定方法について紹介します。

ログオン時に以前のフォルダーを表示

windows8-open-active-folder-00
Windowsへサインインし、「Windowsキー + X」を押すとクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-open-active-folder-01
クリックするとデスクトップへ移動し、コントロールパネルが表示されます。

windows8-open-active-folder-02
コントロールパネルの「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

windows8-open-active-folder-03
「フォルダーオプション」をクリックします。

スポンサーリンク

windows8-open-active-folder-04
クリックすると「フォルダーオプション」ウィンドウが表示されるので、上部タブメニューの「表示」をクリックします。

windows8-open-active-folder-05
詳細設定にある「ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する」にチェックを入れ「OK」をクリックします。

これで設定完了です。実際に現在開いているフォルダを次回サイン時にそのまま表示されるかどうかを確認してみましょう。

windows8-open-active-folder-06
適当にフォルダーを開いておき(複数可)、Windowsからサインアウトします。

windows8-open-active-folder-07
Windowsへサインインし、デスクトップへアクセスします。

windows8-open-active-folder-08
すると先ほど開いていたフォルダーがそのまま表示されます。便利!

関連記事(一部広告含む)