今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8

スポンサーリンク

Windows8で Windows Superfetch を無効にする方法を紹介します。

Windows SuperFech とは、システムパフォーマンスの維持および向上を図るためによく使うファイルやアプリをメモリにキャッシュする機能のことです。

SSDを搭載している、あるいはメモリ容量が少ないマシンは無効にしておいたほうがパフォーマンスの改善につながる場合があるので、ここでは Windows SuperFech を無効にする方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows Superfetch の無効化

windows8-turn-superfetch-00
「コンピューターの管理」を起動します。

※「Windowsキー + X」を押す(あるいはマウスカーソルを左下へもっていき右クリックする)とクイックアクセスメニューが表示されるので、その中から「コンピューターの管理」をクリックします。

windows8-turn-superfetch-01
表示された「コンピューターの管理」から右カラムにある「サービスとアプリケーション」をダブルクリックします。

windows8-turn-superfetch-02
「サービス」をダブルクリックします。

windows8-turn-superfetch-03
クリックするとサービス一覧が表示されるので、その中から「Superfetch」をダブルクリックします。

windows8-turn-superfetch-04
クリックすると「Superfetchのプロパティ」ウィンドウが表示されるので、スタートアップの種類をクリックします。

windows8-turn-superfetch-05
スタートアップの種類の中から「無効」を選択し、「OK」をクリックします。

これで「Windows Superfetch」の無効化完了です。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)