USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8

Last Update:

Windows8で、USBメモリやCDなどの自動再生を無効にする方法を紹介します。

デフォルトの設定では、USBメモリ、CD-ROMやDVDなどのメディアやデバイスをPCに挿入すると自動的に再生するようになっています。

自動に再生してくれるので、メディアを開いたり、起動したりする作業を省くことができ、大変便利ですが……。

万が一、メディアにウィルスが含まれていると!この自動再生機能を利用して、メディアからPCにウィルスを感染させようとしてきます。

感染の予防として、USBメモリやCDなどの自動再生を無効にしておきましょう。

自動再生の設定の変更

windows8-usb-media-autorun-disable-00
Windowsへサインインし、「Windowsキー」を押しながら「Xキー」を押す(あるいはマウスポインターを画面の左下へもっていき右クリックする)とクイックアクセスメニューが表示されるので、「コントロールパネル」をクリックします。

windows8-usb-media-autorun-disable-01
コントロールパネルから「プログラム」をクリックします。

windows8-usb-media-autorun-disable-02
「既定のプログラム」をクリックします。

windows8-usb-media-autorun-disable-03
「自動再生の設定の変更をクリックします。

CDやその他のメディアが自動的に再生されるように / 再生されないように設定します。

windows8-usb-media-autorun-disable-04
USBメモリやCDなどの自動再生を無効にするために「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のチェックをはずし、「保存」をクリックします。

これですべてのメディアの自動再生を無効する設定は完了です。

また、メディアやデバイスごとの設定もできるので、以下ではその設定方法を紹介します。

windows8-usb-media-autorun-disable-05
例えば、リムーバブルドライブの右側にある「既定を選択する」をクリックします。クリックすると以下の選択項目が表示されるので、どれかを選択します。

  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する

windows8-usb-media-autorun-disable-06
各メディア・タイプの処理方法を選択するにチェックを入れると「ピクチャ」「ビデオ」「ミュージック」といったファイルに応じた動作を設定できます。

例えば「ピクチャ」

  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する
  • 写真とビデオのインポート(フォト)

windows8-usb-media-autorun-disable-07
例えば「ミュージック」

  • 再生(Windows Media Player)
  • 何もしない
  • フォルダーを開いてファイルを表示(エクスプローラー)
  • 毎回動作を確認する

などなど……。さまざまな個別設定ができます。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  3. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  4. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  5. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  6. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  7. コンピューター名の確認 - Windows8
  8. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  9. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  10. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  11. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  12. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法
  13. Windows8 エディションとバージョンの確認
  14. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  15. Windows8/8.1 - バックグラウンド サービスを最適なパフォーマンスに調整

関連記事(一部広告含む)