今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - AirDropのオン/オフ

スポンサーリンク

iPhone/iPad で、AirDropをオン/オフにする方法とその他の設定を紹介します。

AirDrop とは

近くにいる Apple デバイス(iPhone、iPad、Macなど)を使用している人と写真・ビデオ・連絡先・位置情報などを共有できる機能のことです。

AirDropのオン/オフ

それでは実際に設定してみましょう。

スポンサーリンク
iphone-ipad-airdrop-settings-01

画面の下の方から上にスワイプしましょう。

iphone-ipad-airdrop-settings-02

すると、このように「コントロールセンター」が表示されます。

iphone-ipad-airdrop-settings-03

「AirDrop」をタップましょう。

iphone-ipad-airdrop-settings-04

すると、次のポップアップが表示されるので

  • 受信しない
  • 連絡先のみ
  • すべての人
iphone-ipad-airdrop-settings-05

AirDropを「オン」にする場合は次のどちらかを選択しましょう。

  • 連絡先のみ
  • すべての人

「すべての人」は文字通り、不特定多数のすべての人とのデータが共有できる状態になるので、特に理由がない場合は選択しないようにしましょう。

iphone-ipad-airdrop-settings-06

これでAirDropが「オン」になりました。

iphone-ipad-airdrop-settings-07

AirDropを「オフ」にする場合は

  • 受信しない

を選択しましょう。

iphone-ipad-airdrop-settings-08

これでAirDropが「オフ」になりました。

スポンサーリンク