今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Microsoftアカウントを新規に作成する方法

定期的にファイルをバックアップ - Windows7

スポンサーリンク

Windows7 のファイルを定期的にバックアップする方法を紹介します。

Windows7 にはユーザーフォルダーやシステムイメージを定期的に、自動でバックアップする機能が搭載されています。

万が一、コンピューターの挙動がおかしくなったり、停止した場合でもバックアップから復元することができるので、バックアップを設定しておきましょう。

定期的にファイルをバックアップ

それではバックアップの設定方法をみてきます。

スポンサーリンク

windows7-file-backup-01
Windowsスタートメニューの「コントロールパネル」をクリックします。

windows7-file-backup-02
クリックすると「コントロールパネル」ウィンドウが表示されるので、その中から「システムとセキュリティ」をクリックします。

windows7-file-backup-03
「バックアップと復元」をクリックします。

windows7-file-backup-04
クリックすると「ファイルのバックアップまたは復元」の設定画面が表示されるので、「バックアップの設定」をクリックします。

windows7-file-backup-05
クリックするとWindows バックアップの準備?がはじまります。

windows7-file-backup-06
バックアップを保存する場所の選択です。バックアップ先を選択し、「次へ」をクリックします。ここでは「ローカルディスク (D:)」を選択しました。

※ バックアップは外付けハードディスクやNASなど、Windows をインストールしているハードディスクとは別のドライブを選択しましょう。

windows7-file-backup-07
バックアップの対象の選択です。どちらかを選択し、「次へ」をクリックします。よく分からない場合は「自動選択(推奨)」を選択しておきましょう。

  • 自動選択(推奨)
  • 自分で選択する

windows7-file-backup-08
バックアップ設定の確認です。「バックアップの場所」「バックアップの概要」「スケジュール」を確認し、問題なければ「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。

windows7-file-backup-09
クリックすると、バックアップがはじまります。

「詳細の表示」をクリックすると、

windows7-file-backup-10
このようにバックアップの詳細を確認することができます。

※ ファイルの容量やシステム環境にもよりますが、バックアップには2〜3時間かかります。

windows7-file-backup-11
バックアップが完了すると、「ファイルのバックアップまたは復元」画面に戻ります。手動でバックアップを取得したい場合は「今すぐバックアップ」をクリックすれば、「OK」です。

windows7-file-backup-12
「領域管理」「設定の変更」からバックアップの詳細設定をすることができるので、確認しておきましょう。

バックアップのスケジュールを無効に

windows7-file-backup-13
バックアップのスケジュールを無効にする場合は左カラムの「スケジュールを無効にする」をクリックします。

windows7-file-backup-14
すると、このように「次回: スケジュールされていません」と表示されます。再度、バックアップをスケジューリングする場合は「スケジュールの有効化」をクリックすれば、「OK」です。

スポンサーリンク