MENU

Google Chrome 動画(YouTube、Netflix…)の再生速度を変更する方法

Google Chromeの拡張機能「Video Speed Controller」を使って、動画の再生速度を変更する方法を紹介します。

目次

Chrome拡張機能「Video Speed Controller」

拡張機能「Video Speed Controller」を使えば、HTML5動画(YouTube、Netflixなど)の再生速度を「0.1」刻みで細かく変更することができます。

再生速度を速くすると、ニュースなどの動画を効率良く視聴することができます。また、再生速度を遅くすることで、スポーツなどの決定的なシーンをスローで楽しむこともできるので、拡張機能を使ってみましょう。

拡張機能「Video Speed Controller」の追加

まずは「Video Speed Controller」にアクセスし、拡張機能を追加しましょう。


Video Speed Controllerです。「Chromeに追加」をクリックします。


すると、「Video Speed Controller を追加しますか?」というポップアップが表示されるので、「拡張機能を追加」をクリックします。


拡張機能が追加されました。

拡張機能「Video Speed Controller」の使い方

早速、使ってみましょう。ここでは「YouTube」を例に使い方をみていきます。

YouTubeへアクセスし、動画を再生してみましょう。


すると、画面左上に「1.00」と表示されます。

「1.00」は再生速度が等倍(本来の速度)ということです。

動画の操作

画面左上の「1.00」にマウスカーソルを持っていくと


このようにメニューが表示されます。ボタンをクリックすると、次の操作をすることができます。

ボタン操作
「≪」10秒戻す
「−」再生速度を0.1遅く
「+」再生速度を0.1速く
「≫」10秒進む
「×」コントローラーを非表示に

ショートカットキー

ショートカットキーでも操作することができるので、いろいろとキーを押してみましょう。

キー操作
「V」コントローラーを表示/非表示
「S」再生速度を0.1遅く
「D」再生速度を0.1速く
「Z」10秒戻る
「X」10秒進む
「R」再生速度を1.0に戻す
「G」再生速度を1.8に

拡張機能「Video Speed Controller」の設定


画面右上の「■」をクリックし


表示された「Video Speed Controller」をクリックしましょう。


「Settings」をクリックします。


すると、設定画面が表示されます。ショートカットキーの「キー」や変更する「再生速度」の数値を変更することができます。


変更を反映する場合は「Save」をクリックします。

Google Chromeの使い方と設定

関連記事

目次
閉じる