MENU

Windows11 既定のブラウザーを変更する方法

Windows 11の既定のブラウザーを変更する方法を紹介します。

Windows 11で普段使用する既定のブラウザーは、「Microsoft Edge」に設定されています。

既定のブラウザーは「Google Chrome」や「Firefox」「Safari」などに変更することができるので、ここではその変更方法をみていきます。

更新プログラム「KB5011563」より、既定のブラウザーの変更方法が改善されました。更新プログラムをチェックしましょう。

既定のブラウザーを変更

※ ここでは例として既定のブラウザーを「Google Chrome」に変更してみます。

①「Windowsロゴ」を右クリックし
②「設定」をクリックします。

Windowsの設定

Windowsの設定です。
①左メニューの「アプリ」を選択
②「既定のアプリ」をクリックしましょう。

既定のアプリ

既定のアプリです。
①検索フォームに「chrome」と入力し
②「Google Chrome」をクリックしましょう。

既定ブラウザーを変更

Google Chromeを既定ブラウザーにするの右にある
[既定値に設定]をクリックします。

すると、このように[.htm][.html]ファイルの既定のアプリは「Google Chrome」になります。

[.pdf][.shtml]……ファイルを「Google Chrome」で開くためには、それぞれのファイル形式ごとにアプリを設定する必要があります。

これで既定のブラウザーを「Google Chrome」に変更することができました。

既定のアプリをリセットし、初期設定に戻す方法は?

Windows 11関連の記事

その他のWindows 11関連の記事も合わせてご覧ください。

何をお探しですか?