MENU

iPhone - ロックダウンモードを有効(オン)にする方法

iPhone のロックダウンモードを有効(オン)にする方法を紹介します。

iOS 16 から究極のセキュリティ対策と呼ばれる「ロックダウンモード」が導入されたので、ここではロックダウンモードを有効(オン)にする方法をみていきます。

iPhone のロックダウンモードを有効(オン)にする方法は?

iPhone のロックダウンモードを有効(オン)にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。

  2. [プライバシーとセキュリティ] をタップする。

  3. [ロックダウンモード] をタップする。


    画面の下の方にある [ロックダウンモード] をタップします。

  4. [ロックダウンモードをオンにする] をタップする。

  5. [ロックダウンモードをオンにする] をタップする。


    画面をかなり下へスクロールし、[ロックダウンモードをオンにする] をタップしましょう。

  6. [オンにして再起動] をタップする。

  7. [パスコード] を入力する。


    [パスコード] を入力すると、iPhone の再起動が始まります。再起動後、ロックダウンモードが有効(オン)になります。

ロックダウンモードを無効(オフ)にする方法は以下で解説していますので、引き続きご覧ください。

iPhone のロックダウンモードを無効(オフ)にする方法は?

iPhone のロックダウンモードを無効(オフ)にする方法は次の手順です。

  1. [設定] を起動する。

  2. [プライバシーとセキュリティ] をタップする。

  3. [ロックダウンモード] をタップする。

  4. [ロックダウンモードをオフにする] をタップする。

  5. [オフにして再起動] をタップする。


    [オフにして再起動] をタップすると、iPhone の再起動が始まります。再起動後、ロックダウンモードが無効(オフ)になります。

  6. [パスコード] を入力する。

    [パスコード] を入力すると、iPhone の再起動が始まります。再起動後、ロックダウンモードが無効(オフ)になります。

これで iPhone のロックダウンモードを無効(オフ)にする方法の解説は終了です。「ロックダウンモード」については以下で解説していますので、ご覧ください。

ロックダウンモードとは?

ロックダウンモードとは、高度なサイバー攻撃の標的になっていると考えられる場合に非表示のオプションとして使用できる保護機能です。ロックダウンモードを有効にすると、セキュリティ保護のためにアプリ、Webサイトなどが厳しく制限されます。また、場合によっては通常使用がほとんどできなくなります。

ほとんどの人が高度なサイバー攻撃の標的になることはないので、ロックダウンモードを有効にする必要はないですね。

iPhone の人気記事