Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示

ショートカットキーのリストを表示するMacアプリ「CheatSheet」を紹介します。

Macアプリ「CheatSheet」

Macアプリ「CheatSheet」を使えば、フォーカスしているアプリの


ショートカットキーのリストをこんな感じで表示することができます。

普段の作業にショートカットキーを使えば、効率化がアップする!? かもしれないので、暇な時にでもこのリストをぼーっと眺める! なんて使い方もいいかもしれませんね。

Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示

まずは「CheatSheet」にアクセスし、アプリをダウンロード・インストールしていきます。

ダウンロードとインストール


アプリ「CheatSheet」のページです。「Download」をクリックしましょう。


すると、zipファイルをダウンロードすることができます。


zipファイルを展開し、アプリ「CheatSheet」を「アプリケーション」フォルダへドラッグ&ドロップしましょう。

これでダウンロード・インストールの完了です。

使い方

次は使い方をみてみましょう。


アプリ「CheatSheet」を起動しましょう。


すると、このようなポップアップが表示されるので

「開く」をクリックしましょう。


すると、「Hold Command to cheat」と表示されます。

スポンサーリンク

ということで「Command」キーを長押ししましょう。


すると、このようなポップアップが表示されるので

「システム環境設定を開く」をクリックしましょう。


システム環境設定です。

画面左下の「錠前(カギ)」をクリックし


ロックを解除しましょう。

  • CheatCheet

にチェックを入れ


再度、ロックしましょう。

これで準備完了です。

例えば、Finder のショートカットキーを知りたい場合は


Finder を起動・フォーカスし

「Command」キーを長押しすると


このように Finder のショートカットキーのリストが表示されます。便利!

Mac - ショートカットキー

Macのおすすめアプリ

Macの使い方と設定

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)