Mac - キーボード掃除に便利なアプリ「KeyboardCleanTool」 - 入力を一時的に無効に

Last Update:

Mac のキーボード掃除に便利なアプリ「KeyboardCleanTool」を紹介します。

作業中にふと気になるキーボードの汚れ……しかし、掃除するには作業中のすべてのアプリ終了し、コンピュータを停止させる必要があります。

掃除のためにすべてのアプリを終了するのはちょっと……そんなときに便利なのが今回紹介するアプリ「KeyboardCleanTool」です。

このアプリを使えば、キーボード入力を一時的に無効にしてくれるので! 作業を中断しなくても! キーボードの掃除を行うことができます。

それではダウンロード・初期設定と使い方をみていきます。

Macアプリ「KeyboardCleanTool」のダウンロードと初期設定

アプリをダウンロードするために「KeyboardCleanTool」にアクセスします。


ダウンロード・ページです。

KeyboardCleanTool の右側にある「FREE DOWNLOAD」ボタンをクリックしましょう。


すると、zipファイルのダウンロードされます。


ダウンロードした zipファイルを解凍し、アプリ「KeyboardCleanTool」を「アプリケーション」フォルダへ移動しましょう。


移動したアプリ「KeyboardCleanTool」を起動します。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

KeyboardCleanTool はインターネットからダウンロードされたアプリケーションです。開いてもよろしいですか?

「開く」をクリックします。


すると、KeyboardCleanTool が起動するので

「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」をクリックしましょう。


すると、「アクセシビリティ機能を使用してコンピュータを制御することを求めています。」というウィンドウが表示されるので

「システム環境設定を開く」をクリックします。


「システム環境設定 - セキュリティとプライバシー」が開くので、画面左下の錠前をクリックします。


パスワードを入力し、「ロックを解除」をクリックします。


「KeyboardCleanTool」にチェックを入れます。


これで設定完了です。

システム環境設定を終了します。

Macアプリ「KeyboardCleanTool」の使い方


アプリ「KeyboardCleanTool」を起動し


「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」をクリックします。


すると、このようにアイコンというかマークが「青」から「赤」に変わります。

この間、キーボードがロックされるので、思う存分! キーボードを掃除しましょう!


ロックを解除したい場合は「Click to start cleaning mode / lock the keyboard!」をクリックします。


「Start cleaning mode immediately after starting this app」にチェックを入れれば、アプリ「KeyboardCleanTool」を起動するとすぐにキーボードがロックされるようになります。

Macのおすすめアプリ

Macの使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  5. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  6. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  7. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  8. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  9. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  10. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  11. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  14. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)