今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - Internet Explorer を使う方法
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラム

Mac キーボード - 入力ソースの設定

スポンサーリンク

ここでは Mac OS X での、キーボードの入力ソースの設定をみていきます。

mac-keyboard-input-source-01
入力ソースとは、メニューバーに「A(英字)」「あ(ひらがな)」「ア(カタカナ)」……といった入力モードのことです。

ここではこのメニューに入力ソースを追加・削除、その他の設定を行う方法を紹介します。

スポンサーリンク

Mac キーボード - 入力ソースの設定

mac-keyboard-input-source-02
メニューバーのアップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。

mac-keyboard-input-source-03
すると、「システム環境設定」ウィンドウが表示されるので、その中から「キーボード」をクリックします。

mac-keyboard-input-source-04
上部タブメニュー「入力ソース」をクリックします。

それでは入力ソースで行える設定をみていきます。

mac-keyboard-input-source-05
「メニューバーに入力メニューを表示」にチェックを入れる/入れないとメニューバーに表示/非表示を切り替えることができます。

mac-keyboard-input-source-06
次は Mac に標準搭載されている日本語入力システム「ことえり」の設定をみていきます。

  • 入力モード
    チェックの入った項目が入力メニューに表示されます。
  • Caps lock の動作
    Caps lock の動作を設定することができます。Caps lock オンでカタカタの入力にすることもできます。
  • Shift キーの動作
    Shift キーを押しながら入力した場合の動作を設定することができます。
  • 入力方法
    ローマ字入力、かな入力を選択することができます。

入力ソースの削除

mac-keyboard-input-source-07
左カラムには入力ソースが表示されています。

mac-keyboard-input-source-08
どれかを選択し、「-」ボタンをクリックすると

mac-keyboard-input-source-09
入力ソースから削除されます。

mac-keyboard-input-source-10
削除した入力ソースは入力メニューに表示されなくなります。

入力ソースの追加

mac-keyboard-input-source-11
「+」ボタンをクリックし、

mac-keyboard-input-source-12
入力ソースを追加することもできます。

スポンサーリンク

関連記事と広告