Mac - 音声入力の設定と使い方

Last Update:

Macの音声入力の設定と使い方を紹介します。

音声入力を使用すれば、Macに語りかけるだけでテキストを入力することができます。

この機能は、アプリに依らず!テキストを入力する場所のどこでも利用することができるので、キーボードを使った入力に疲れた方にはおすすめです。音声の認識もなかなか良好ですよ。

Mac - 音声入力をオン(有効)に

まずは音声入力を有効にしましょう。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。「キーボード」をクリックします。


キーボードの設定です。①上部タブ「音声入力」をクリックし、②音声入力を「オン」にしましょう。


「音声入力を有効にする」をクリックします。

テキストを音声入力すると、話した内容がAppleに送信されてテキストに変換されます。


これで音声入力が「オン」になりました。

音声入力の設定


音声入力の設定です。「言語」と「ショートカット」を設定しましょう。

※ デフォルトでは「言語」は「日本語」、「ショートカット」は「Controlを2回押す」になっています。

音声入力の使い方

Macに標準搭載されているアプリ「メモ」を使って、音声入力の使い方をみていきます。


アプリ「メモ」を起動し


音声入力を起動するショートカットキー「Controlキーを2回」押します。


すると、このように入力カーソル部分に「マイク」が表示されるので、何かしゃべってみましょう。

ここでは「こんにちは まる」としゃべってみました。


すると、このようにテキストが入力されます。

「音声入力」を終了する場合には「完了」をクリックすれば、OKです。

Mac - 音声読み上げ機能

Macの使い方と設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Mac - アクティビティモニタ - CPUやメモリの使用状況を確認・管理
  2. Mac 起動時のじゃーん!という音を消す方法
  3. Mac - 日本語入力のライブ変換を「オン/オフ」に設定
  4. Mac - コンピュータ名(ホスト名)の確認・変更
  5. MacBook Pro(Touch Bar搭載モデル)の初期設定
  6. Mac - 不要なファイルを削除する方法
  7. macOS Catalina(10.15)へアップグレード
  8. Mac - キーバインドの変更・入替え(command、ctrl、caps)
  9. Mac - FileVault をオン/オフにする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除
  10. Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行
  11. macOS - ファイアウォールをオン/オフ(有効/無効)にする
  12. Mac - テキスト読み上げの設定と使い方
  13. Mac - 通知音(警告音)を変更する方法
  14. macOS Big Sur(11.0)へアップグレード
  15. Mac - シリアル番号から保証状況とサービス期間を確認する方法

関連記事(一部広告含む)