MENU

MacBook 低電力モードの設定(バッテリーを長持ちさせる)

MacBookを低電力モードに設定する方法を紹介します。

低電力モード

低電力モードとは、MacBookの電力消費を一時的に抑えるモードのことです。画面の明るさとCPUの速度を下げることで、バッテリーを長持ちさせます。そのため、Macのパフォーマンスが通常より遅くなります。

MacBookの近くに電源(コンセント)がなくて、すぐに充電できない場合。低電力モードを有効(オン)にし、バッテリーを節約しましょう。

低電力モードの設定

アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。

システム環境設定

システム環境設定です。
「バッテリー」をクリックします。

低電力モード

低電力モードを有効にしてみましょう。

バッテリー

①左メニューの「バッテリー」を選択し
②「低電力モード」にチェックを入れましょう。

電力使用量を減らしてバッテリー駆動時間を延ばします。

電源アダプタ

①左メニューの「電源アダプタ」を選択し
②「低電力モード」にチェックを入れましょう。

パフォーマンスを管理して電力使用量を減らします。

※ iPhoneにも低電力モードがあるので、合わせてご覧ください。
iPhone 低電力モードの設定方法(バッテリーを長持ちさせる)

バッテリー関連の記事

バッテリー関連の記事です。合わせてご覧ください。

Macの使い方

macOS の人気記事