MacBook - バッテリーの状態を確認する方法

Last Update:

MacBook のバッテリーの状態を確認する方法を紹介します。

MacBook のバッテリーは、他のすべての充電バッテリーと同じように消耗品で、使い続けていると経年劣化が進み性能が低下してしまいます。

ということで、ここではバッテリーの状態を確認する方法をみていきます。また、バッテリーの状態管理の設定もできるので合わせてみていきましょう。

MacBook - バッテリーの状態

それでは実際にバッテリーの状態を確認してみましょう。


アップルメニューから「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「省エネルギー」アイコンをクリックします。


省エネルギーの設定です。

下の方にある「バッテリーの状態」をクリックしましょう。


すると、このように「バッテリーの状態」というポップアップが表示されます。


バッテリーの状態です。

この例では「正常」になっています。

一般的に、Macのバッテリーはすべての充電式バッテリーと同様に消耗品で経年劣化が進むにつれて性能が低下します。

  • バッテリーの状態管理
    バッテリーの経年劣化の進行に合わせて、ピーク容量を減らしてバッテリーの寿命を延ばします。

※ バッテリーの寿命を延ばしたい場合はチェックを入れておきましょう

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Mac - アクティビティモニタ - CPUやメモリの使用状況を確認・管理
  2. Mac 起動時のじゃーん!という音を消す方法
  3. Mac - 日本語入力のライブ変換を「オン/オフ」に設定
  4. Mac - コンピュータ名(ホスト名)の確認・変更
  5. Mac - 不要なファイルを削除する方法
  6. MacBook Pro(Touch Bar搭載モデル)の初期設定
  7. macOS Catalina(10.15)へアップグレード
  8. Mac - シングルユーザーモードでログインし、fsckコマンドを実行
  9. Mac - FileVault をオン/オフにする - ディスク内容の暗号化/暗号化解除
  10. Mac - キーバインドの変更・入替え(command、ctrl、caps)
  11. macOS - ファイアウォールをオン/オフ(有効/無効)にする
  12. Mac - テキスト読み上げの設定と使い方
  13. MacでWindows10のISOファイルをダウンロード
  14. Mac - 音声入力の設定と使い方
  15. macOS Big Sur(11.0)へアップグレード

関連記事(一部広告含む)