今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

iPhone - 低電力モードに設定 - バッテリーを節約

スポンサーリンク

iPhone を低電力モードに設定する方法を紹介します。

低電力モードとは、iOSの電力消費を一時的に抑えるモードのことで、メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロードが削減、あるいはオフになります。

外出中(充電が行えない状況)にバッテリーがなくなりそうになったら、iOS を低電力モードに設定し、バッテリーを節約しましょう。

「低電力モード」は、iPhoneのみの機能です。iPadでは、この設定が行えません。

低電力モードに設定

それでは低電力モードに設定する方法をみていきます。

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

設定です。

設定画面を下へスクロールし

「バッテリー」をタップします。

低電力モードを「オン(緑色)」にします。

“低電力モード”では、iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、Appのバックグラウンドの更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトが削減されるか、オフになります。

すると、次のようなポップアップが表示されます。

スポンサーリンク

“低電力モード”では、iPhoneを完全に充電できるまで電力消費が一時的に抑えられます。これをオンにすると、メールの取得、Hey Siri、Appのバックグラウンドの更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトが削減されるか、オフになります。

「続ける」をタップします。

これで低電力モードが「オン」になりました。

低電力モードを「オン」にすると

このように画面右上にあるバッテリーアイコンが黄色(オレンジ?)になります。

低電力モードを「オフ」にすると

このように画面右上にあるバッテリーアイコンが黒色に戻ります。

関連記事(一部広告含む)