MENU

iPhone|低電力モードの設定方法(バッテリーを長持ちさせる)

iPhoneを低電力モードに設定する方法を紹介します。

低電力モード

低電力モードとは、iPhoneの電力消費を一時的に抑えるモードのことです。

バッテリー残量が少なくなっています

バッテリー残量が「20%」になると、低電力モードを「オン」にするように求められます。

低電力モードではバッテリーを長持ちさせるために次の項目が削減、あるいは「オフ」になります。

  • メールの取得
  • Appのバックグラウンド更新
  • 自動ダウンロード

外出中に充電が行えない状況が長く続くかもしれない場合は、iPhoneを低電力モードに「オン」し、バッテリーを節約し長持ちさせましょう。

低電力モードの設定(オン/オフ)

それでは低電力モードに設定する方法をみていきます。

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。
「バッテリー」を選択します。

低電力モードをオンに

①低電力モードを「オン」にしましょう。
②低電力モードが「オン」になると、バッテリーアイコンが黄色(オレンジ?)になります。

低電力モードをオフに

①低電力モードを「オフ」にすると
②バッテリーアイコンが黒色に戻ります。

コントロールセンターで低電力モード

コントロールセンターで低電力モードを設定(オン/オフ)にすることもできるので、合わせてご覧ください。

低電力モードを追加

iPhoneの設定→コントロールセンターに移動し
コントロールセンターに「低電力モード」を追加しましょう。

※ コントロールセンターのカスタマイズ方法はこちらをご覧ください。

コントロールセンター

画面を右上から下にスワイプしましょう。

低電力モードをオン/オフに

コントロールパネルです。
低電力モードを設定(オン/オフ)しましょう。

バッテリー関連の記事

iPhoneのバッテリー関連の記事です。合わせてご覧ください。

iPhoneの使い方