iPhone のバッテリー劣化を防ぐ - 最適化されたバッテリー充電(オン/オフ)

スポンサーリンク

iPhone の最適化されたバッテリー充電を設定(オン/オフ)する方法を紹介します。

iPhone には、バッテリー劣化を防ぐために「最適化されたバッテリー充電」という機能があります。

バッテリーはフル充電された状態で長く放置しておくと劣化してしまうので、AIが学習したユーザーが使用していないであろう期間(寝ている間とか)は充電は80%までしないよぉーという機能です。

iPhone - 最適化されたバッテリー充電(オン/オフ)

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「バッテリー」をタップします。

バッテリーの設定です。

「バッテリーの状態」をタップします。

バッテリーの状態です。

バッテリーの劣化を軽減するため、あなたが毎日どのようにiPhoneを充電しているかを学習し、次にiPhoneを使い始める直前まで80%を超える充電を保留します。

iPhoneを充電しているけど、学習した使用していないであろう期間(寝ている間とか)は充電は80%までしないよぉーということです。これによりバッテリーの劣化を防ぎます。

デフォルトでは「オン」になっていますが、「オン/オフ」を切り替えることができるので、設定してみましょう。

「最適化されたバッテリー充電」をタップすると

次のポップアップが表示されるので

「明日までオフにする」あるいは「オフにする」をタップしましょう。

すると、このように設定が「オフ」になります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)