今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  3. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定

iPhoneアプリ「Dropbox」カメラのバックグラウンド・アップロード

スポンサーリンク

iPhone/iPadアプリ「Dropbox」で、カメラのバックグラウンド・アップロードを有効にする方法を紹介します。

iPhone/iPadアプリ「Dropbox」 - カメラのバックグラウンド・アップロード

それでは実際にアップロードを有効にしてみましょう。

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも(大体)同じように設定することができます。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-01

アプリ「Dropbox」を起動しましょう。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-02

画面左上の「歯車」アイコンをタップします。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-03

設定です。

「カメラアップロード」をタップします。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-04

カメラアップロードが「オン(緑色)」になっていることを確認しましょう。

写真と動画はDropboxのカメラアップロードフォルダにアップロードされます。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-05

「バックグラウンドでのアップロード」をタップしましょう。

スポンサーリンク
iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-06

すると、このような画面が表示されます。

バックグラウンドでのアップロード
位置情報が変更すると、Dropboxはカメラアップロードを定期的に起動します。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-07

右上の「有効」をタップします。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-08

タップすると、「Dropbox を使用していないときでも位置情報の利用を許可しますか?」というポップアップが表示されるので

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-09

「許可」をタップします。

iphone-ipad-app-dropbox-camera-backgroud-upload-10

これで「バックグラウンドでのアップロード」が有効(オン)になりました。

関連記事(一部広告含む)