MENU

iPhone - カメラでセルフタイマーを使って撮影する方法

iPhoneのカメラでセルフタイマーを使って撮影する方法を紹介します。

iPhoneの標準 [カメラ] アプリには、セルフタイマー機能がついています。

  • タイマーオフ
  • 3秒
  • 10秒

デフォルトでは「タイマーオフ」になっているので、シャッターボタンを押すとすぐに写真を撮影します。「3秒」「10秒」のタイマーを使うことで、シャッターボタンを押すタイミングと写真を撮影するタイミングをずらすことができます。

セルフタイマーをセットして、集合写真を撮影する……なんて場合に便利な機能ですね。

本記事ではiPhoneの「カメラ」アプリでセルフタイマーを使って撮影する方法をみていきます。

セルフタイマーを使って、カメラ撮影する方法

それでは実際に撮影してみましょう。

ホーム画面の「カメラ」アプリを起動しましょう。

[カメラ] アプリ

「カメラ」アプリです。
上部の真ん中にある「∧」をタップします。

カメラのメニュー

すると、下部にアイコンメニューが表示されるので
「タイマー(時計)」アイコンをタップします。

タイマーの設定

タイマーの設定です。

  • タイマーオフ
  • 3秒
  • 10秒

から選択しましょう。

ここでは「10秒」を選択しました。

タイマーアイコン

タイマーをセットすると、「タイマー(時計)」の色が変わります。

撮影してみよう!

シャッターボタンを押して、撮影してみましょう。

タイマーがカウントダウン

すると、カメラのカウントダウンがはじまります。

カウントダウンが終了すると、カシャ♪と写真が撮影されます。

これでセルフタイマーを使って、カメラ撮影することができました。

iPhone の人気記事