iPhone/iPad - カメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しない

iPhone/iPad のカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)には、デバイスの位置情報を把握する機能があります。これによりデバイスがどこにあるかを地図アプリで確認したり、紛失したデバイスを探すことができます。

また、この位置情報サービスを使って写真やビデオに撮影した位置情報を付与することもできます。

しかし、プライバシーの観点から写真やビデオに位置情報を付与したくない……という方もいるでしょう。そんな方のためにカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法をみていきます。

位置情報サービスの設定

それではカメラの位置情報サービスを設定する方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って設定していますが、iPadでも同じように設定することができます。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-02

設定です。

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-03

「プライバシー」をタップします。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-04

プライバシーの設定です。

「位置情報サービス」をタップしましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-05

「位置情報サービス」そのものを「オフ(白色)」にしても写真・ビデオに位置情報は付与されなくなります。

スポンサーリンク

しかし、「オフ」にしてしまうと……その他のサービスも利用できなくなってしまうので、あまりおすすめできません。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-06

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-07

「カメラ」をタップしましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-08

すると、「位置情報の利用を許可」という項目が表示されるので

  • 許可しない
  • このAppの使用中のみ許可
iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-09

「許可しない」を選択しましょう。

iphone-ipad-camera-turn-off-location-services-10

これで設定完了です。

カメラで撮影した写真・ビデオに位置情報が付与されなくなります。

設定関連の人気記事

  1. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  2. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  3. iPadの初期設定
  4. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  5. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  6. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  7. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  8. iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更
  9. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  10. iPhone/iPad - iTunesとApp Store のパスワード要求の設定
  11. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  12. iPhone - Wi-Fi ネットワーク設定の削除・解除 - iPad
  13. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  14. iPhone - ゲームセンターのニックネームを変更
  15. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)

関連記事(一部広告含む)