MENU

iPhone - カメラ 写真に位置情報を付与しない設定(オン/オフ)

iPhoneのカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法を紹介します。

iOSデバイス(iPhoneやiPad)には、デバイスの位置情報を把握する機能があります。これによりデバイスがどこにあるかを地図アプリで確認したり、紛失したデバイスを探すことができます。

また、この位置情報サービスを使って写真やビデオに撮影した位置情報を付与することもできます。

しかし、プライバシーの観点から写真やビデオに位置情報を付与したくない……という方もいるでしょう。そんな方のためにカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定する方法をみていきます。

位置情報サービスの設定

それではカメラの位置情報サービスを設定する方法をみていきます。

ホーム画面から「設定」を起動

ホーム画面の [設定] をタップします。

iPhoneの設定

iPhoneの設定です。[プライバシー] をタップします。

プライバシー設定 → 位置情報サービス

プライバシーの設定です。[位置情報サービス] をタップしましょう。

カメラ を選択

位置情報サービスです。画面を下へスクロールし、[カメラ] をタップしましょう。

カメラの「位置情報」の利用を許可しない(オフ)

カメラの [位置情報の利用許可] です。
[許可しない] を選択しましょう。

これでiPhoneのカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与しないように設定できました。

カメラの「位置情報」の利用を許可する(オン)

[このAppの使用中のみ許可] を選択しましょう。

これでiPhoneのカメラで撮った写真・ビデオに位置情報を付与するように設定できました。

正確な位置情報

同じ画面にある [正確な位置情報] もあわせて設定しておきましょう。

位置情報サービスそのものを「オフ」に

iPhoneの位置情報サービスそのものを「オフ」にすることで、カメラに位置情報を付与しないように設定することもできます。

位置情報サービスを「オフ」にする手順
  1. ホーム画面から [設定] を起動します。
  2. iPhoneの設定です。[プライバシー] から [位置情報サービス] を選択します。
  3. [位置情報サービス] を選択し、[オフにする] をタップしましょう。
  4. これでiPhoneの [位置情報サービス] そのものが [オフ] になりました。

「位置情報サービス」そのものを「オフ(白色)」にしても写真・ビデオに位置情報は付与されなくなります。しかし、「オフ」にしてしまうと……その他のサービスも利用できなくなってしまうので、あまりおすすめできません。

iPhoneの位置情報サービスの詳細はこちらをご覧ください。
iPhone 位置情報サービスを設定(オン/オフ)する方法

iPhone の人気記事