今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - Microsoft IME に単語を登録する

iPhoneアプリ「コンパス」を使って、方位・方角を表示

スポンサーリンク

iPhoneアプリ「コンパス」を使って、方位・方角を表示する方法を紹介します。

iPhoneには磁気センサーが内蔵されているので、このように標準アプリ「コンパス」で方位(方角)を確認することができます。

iPhoneアプリ「コンパス」

それでは実際にアプリ「コンパス」を使ってみましょう。

ホーム画面の「便利ツール」をタップします。

すると、便利ツールの一覧が表示されるので

アプリ「コンパス」を起動しましょう。

アプリ「コンパス」を起動すると

コンパスの使用中に位置情報の利用を許可しますか?

というポップアップが表示されるので「許可」をタップしましょう。

アプリ「コンパス」です。

スポンサーリンク

アナログっぽい方位磁針が表示されます。

コンパスの使い方

それではコンパスの使い方をみていきます。

アナログ方位磁針にはiPhoneの上部が向いている方位を確認することができます。

この例では「北」を向いています。

北の角度は「0°」になります。

iPhone を90°回してみましょう。

iPhone の上部が「東」を向いていることがわかります。

同じようにくるくる回すと「南 180°」「西 270°」を確認することができます。動かしてみましょう。

iPhoneを動かすと、このようにに方位・方角が変更します。

  • 北:0°
  • 東:90°
  • 南:180°
  • 西:270°
  • 緯度(北緯/南緯)
  • 経度(東経/西経)
  • 住所
  • 高度

も表示されます。

位置情報を許可してない場合は、上記項目は表示されません。

関連記事(一部広告含む)