MENU

AirTagとiPhoneを接続する方法(接続できない場合の対処)

AirTagとiPhoneを接続する/接続を解除する方法を紹介します。

目次

AirTag(エアタグ)

AirTag(エアタグ)は、Appleが開発・販売している紛失を防止するための追跡装置(トラッカー)です。500円玉よりひとまわりくらい大きくしたくらいのサイズなので、カバンやリュックなどに入れておいたり、付属のキーホルダーに装着しカギやカメラなどの紛失防止に使うことができます。

紛失した際にはiPhoneにプリインストールされている「探す」アプリを使って、簡単にモノを探すことができます。

AirTagを使用するためには、iPhoneと接続する必要があるので、早速接続してみましょう。

AirTagとiPhoneを接続

それではAirTagとiPhoneを接続してみましょう。

Bluetoothをオンに

ホーム画面の右上から下にスワイプすると

コントロールセンターが表示されるので「Bluetooth」が「オン」になっていることを確認しましょう。

AirTagのフィルムをはがす

AirTagを箱から取り出し、フィルムをはがしましょう。

すると、このようにAirTagが表示されるので、「接続」をタップしましょう。

※ AirTagポップアップが表示されない場合は「探す」アプリからAirTagとiPhoneを接続してみましょう。

AirTagの名称を設定

①AirTagの名称を選択し、②「続ける」をタップします。

①AirTagは表示されているApple IDに登録されます。②「続ける」をタップします。

設定中です。

設定(登録)完了です。地図上にAirTagが表示されるようになります。

「完了」をタップしましょう。

これでAirTagとiPhoneの接続完了です。

AirTagとiPhoneを接続(「探す」アプリから)

「探す」アプリからAirTagとiPhoneを接続する方法をみていきます。

「探す」アプリを起動し

下部メニュー「持ち物を探す」をタップしましょう。

持ち物を探す

「項目を追加」をタップし

「AirTagを追加」をタップしましょう。

AirTagの探索

すると、AirTagの探索がはじまります。

AirTagの接続

AirTagが見つかりました。「接続」をタップしましょう。

AirTagと接続できない場合の対処

上記の方法で、AirTagを接続できない場合の対処方法を紹介します。

対処①:iPhoneのアップデート

  1. ホーム画面から「設定」アプリを起動
  2. 「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「ダウンロードしてインストール」

対処②:Bluetooth

  1. ホーム画面から「設定」アプリを起動する。
  2. 「Bluetooth」→「オン」「オフ」を切り替える。

iPhoneの使い方や設定

その他 iPhone/iPad の使い方や設定はこちらをご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

関連記事

目次
閉じる