MENU

iPhone - 位置情報サービスを設定(オン/オフ)する方法

iPhoneの位置情報サービスを設定(オン/オフ)する方法を紹介します。

位置情報サービスとは?

位置情報サービスとは、GPSやWi-Fiスポット情報を使って、iPhoneの位置情報を教えてくれるサービスのことです。iPhoneの位置情報サービスは [オン] [オフ] を切り替えることができます。また、アプリごとに位置情報サービスを設定・許可することもできます。

位置情報サービスを設定する方法は?

位置情報サービスを設定する方法は次の手順です。

ホーム画面から「設定」を起動する

ホーム画面の「設定」をタップします。

「プライバシー」を選択する

iPhoneの設定です。[プライバシー] をタップします。

「位置情報サービス」を選択する

プライバシーの設定です。
デフォルトでは、このように [位置情報サービス] が [オン] になっています。

[位置情報サービス] をタップしましょう。

位置情報サービスを設定する(オン/オフ)

この画面で [位置情報サービス] の [オン] [オフ] を切り替えることができます。

[位置情報の通知] も設定することができます。

位置情報サービスでは、GPS、Bluetooth、クラウドソースのWi-Fiスポットや携帯電話基地局を使って、ユーザーのおおよその位置情報が判断されます。

位置情報を共有

[自分の位置情報を共有] では他のiOS端末と位置情報を共有するかどうかを設定することができます。

アプリごとに位置情報の利用を許可/不許可

アプリごとに位置情報の利用を許可/不許可する方法をみていきます。

位置情報サービスを使用するアプリ

位置情報サービスの設定画面を下へスクロールすると、位置情報サービスを使用している(あるいは使用できる)アプリが表示されます。

アプリごとに位置情報を設定

例えば、アプリ「マップ」をタップすると

位置情報の許可/不許可

次のように位置情報サービスを許可したり、不許可にしたり設定することができます。

iPhone の人気記事