MENU

iPhoneカメラのフラッシュ設定方法(強制オン/オフ)

iPhoneカメラのフラッシュの設定方法を紹介します。

目次

iPhoneカメラのフラッシュ

iPhoneにはLEDフラッシュが搭載されています。

フラッシュの設定は「フラッシュ自動」になっており、暗い場所での写真を撮影する際に自動的にフラッシュが光るようになっています。

逆光や室内の撮影の際にフラッシュを使うと対象物を明るくキレイに撮ることができるので、ここではフラッシュを「強制オン」する方法をみていきます。

また、それとは逆に博物館・美術館・水族館……といった場所でフラッシュが禁止されている場所もあるので、フラッシュを「強制オフ」にする方法も合わせてみていきます。

ちなみにLEDフラッシュはフラッシュライトとしても(懐中電灯としても)使用することができます。使い方はこちらをご覧ください。

フラッシュを強制オン!

iPhoneカメラのフラッシュを「強制オン」してみましょう。

ホーム画面

ホーム画面から「カメラ」を起動します。

撮影モード

「カメラ」アプリです。撮影モードを「写真」にしましょう。

カメラ(写真)

上部の「∧」をタップします。

フラッシュの設定

すると、画面下部にメニュー・アイコンが表示されるので「フラッシュ(雷)」アイコンをタップします。

フラッシュをオンに

フラッシュの設定です。「オン」をタップしましょう。

フラッシュがオンになると

「カメラ」アプリの上部にある「フラッシュ」アイコンが黄色になります。

下部にある「フラッシュ」アイコンも黄色になります。

フラッシュを強制オフ!

次は、iPhoneカメラのフラッシュを次の手順で「強制オフ」にしてみましょう。

手順
  1. ホーム画面の「カメラ」アプリを起動します。
  2. 撮影モードを「写真」にします。
  3. 画面上部の真ん中にある「∧」をタップし
  4. 画面下部の「フラッシュ(雷)」アイコンをタップし、「オフ」をタップしましょう。
  5. これでフラッシュが強制オフになります。

iPhoneカメラの使い方

その他のiPhoneカメラの使い方や設定も合わせてご覧ください。

iPhoneの使い方

その他 iPhone/iPad の使い方や設定はこちらをご覧ください。

関連記事

目次
閉じる